FC2ブログ

 最近の記事


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卓球経験者から見るテニスの基本打法

卓球は英語で Table Tennis とも表現される通り、
基本的な部分はテニスとの共通点が多くあります。

なので、卓球経験者はテニスの修得が比較的容易と思われる一方、
細かな違いによる落とし穴もありますので、
ここではテニスの基本打法を卓球の打法と比較しながらまとめてみたいと思います。


【打法について】

■ ストローク
 厳密な定義はわからないけど、主にベースライン付近からワンバウンドした球を打ち込む技術。
 卓球でいうところの「フォア打ち」「バック打ち」にあたります。
 ここから、回転や狙うコースによって「トップスピン」だの「スライス」だのに細かく分類されます。

 全体的に、卓球に比べると相手の回転によって打ったボールの方向が変わることは無く、
 相手の回転に合わせて面を作るだの持ち上げるだのは必要ありません。

 その代わり、卓球よりボールが格段に重いので、強い球を打ち返すにはそれなりのパワーが要求されます。
 また、スイートスポットを外すと手から肘にかけてかなりの衝撃が来るので注意が必要です。


■ トップスピン
 上回転をかけたストローク。上回転により、途中からやや沈み込むような軌道を描きます。
 卓球でいうところの「ドライブ」にあたります。
 卓球は戦型によってはドライブを使わずに試合を組み立てる場合もありますが、
 テニスでは誰もが最もよく使う技術なのではないかと思います。
 卓球の食い込ませるドライブの感覚でやれば比較的容易に修得出来るでしょう。
 一方、擦るドライブの感覚でやると、滑ってまともに飛びません。

■ フラット
 無回転、あるいは回転の少ない直線的なストローク。
 真っ直ぐに飛ぶので着弾点との距離が近く、最もスピードのある球種となります。
 卓球で言うと・・・強いて言うなら「角度打ち」と呼ばれる技術が近いかなぁ。
 相手の回転に合わせて面を調整する必要がないので、その点は卓球よりラクかもしれません。

■ スライス
 下回転で打つストローク。スーッと伸びるような弾道を描き、バウンドが低くなります。
 球が遅いので相手の返球までの時間を稼ぎやすいのと、
 距離も出やすいので、十分な体制で打てないときに相手コートに届きやすい。
 またバウンドが低く弾まないのでラケットにボールを食い込ませにくく、返球がしづらいです。
 卓球で言うと・・・軌道的には「カット」にあたりますが、返球がネットするような強烈な回転はかからないので、
 感覚としては「ナックルカット」が近いですね。

■ ドロップ
 下回転を掛けてネット際に落とすショット。
 主に相手が後ろに下がってる場合に不意を突いて出す。
 ただ、ダブルスメインだと前衛に叩かれるのであまり出番なさそう。
 用法としては卓球で言うところの「ストップ」がそれにあたりますが、
 打ち方としては「ブツ切りカット」のイメージでスイングするとボールが滑ってドロップになります。

■ ボレー
 主にサービスライン(真ん中の横線)からネット際までのあたりから、相手の球をノーバウンドで打つ技術。
 卓球はノーバウンドで打ったら即失点ですから、当然これに類する技術は存在せず、
 卓球経験者にとってはやや感覚が難しいかもしれません。
 ただし、ネット際でのボレーに限れば卓球の「ブロック」の感覚が活きます。
 特にブロックの長短をコントロール出来る人であれば、ドロップボレーやアングルボレーも修得は容易でしょう。

■ サーブ
 言わずもがな、最初の1球目です。
 相手コートにノーバウンドで叩き込む点、サービスラインよりネット寄りに入れないといけない点において、
 卓球のサーブとは全く異なるものです。
 そもそも卓球経験者はラケットを上から振る感覚がほぼ無いはずなので、サーブは鬼門となるでしょう。 
 しゃがみ込みサーブの感覚がわかってると、回転系のサーブの修得が少し有利かもしれませんね。

■ ロブ
 ボールを上空に上げて返球する技術です。卓球ではロビングということの方が多いかもしれません。
 卓球では後方に下がって粘りつつカウンターを伺うために使ったりしますが、
 テニスの場合はキツイコースに打ち込まれた場合等で、ネット際の相手に決め球を打たせないよう、
 ロブを使って相手を後ろに下がらせる、あわよくば頭上を抜いて得点を狙うという用法が多いです。 

■ スマッシュ
 高く上がったチャンスボールに対して、上から振り抜いて相手コートに打ち込む技術です。
 卓球のような超スピードは出ないまでも、基本的には決定打として用いるボールです。
 が、サーブと同様に上からラケットを振る習慣のない卓球経験者には間違いなく鬼門!
 慣れるまでは、スマッシュをするより普通にストロークした方が強い球が打てたりします。
 そもそも、うまくミートできませんw


ひとまず、こんなところです。
これだけの技術を抑えておけば、一通りテニスの基本打法は知っていると言えるはず。

次回からは、「卓球経験者の優位性と注意点」「各打法のもう少し突っ込んだコツ」
についてまとめていこうと思います。

  
スポンサーサイト

硬式テニスについて

元々自分は卓球をやっていましたが、
川崎に長期出張となった現在は硬式テニスがメインになっています。

何かとプレー出来る場所と相手を探すのが面倒なのが卓球。
地元でのコネクションも全てなくした結果、モチベーションが続かなくなりました(;´∀`)

そのかわりに力を入れ始めたのがテニスというわけです。

自分のテニス遍歴としては、
2016年の冬頃から月1の頻度で会社の同好会に参加しつつ
たまにオートテニスやら壁打ちで自主トレ。
その後、2017年の11月からテニススクールに通うようになりました。

今後は、卓球選手としての観点から、硬式テニスのことをちょこちょこと書いていこうと思います。

白猫テニス 個人的な評価

12月4日現在、こんな印象。
前提はシングルスです。
サーブタイプは運、相手の実力、回線状況等に左右されるので、対象外とします。
今のところセラータが頭一つ抜けてるかなって印象です。


【グラス】
SSS
 セラータ
S
 アイラ
A
 ミレイユ
 マール

【ハード】
SS
 リリカ
S
 セリナ
 ヴィヴィ
A
 ヴィルフリート 
 アマタ
 ミゼリコルデ

【クレー】
SS
 イサミ
 ゲオルグ
S
 エクセリア
 カモメ
A
 シャルロット
 フラン


マリオテニス64世代の白猫テニス攻略 -ダブルスの基本(前衛編)-

ダブルスで前衛をやる場合の心構えなどです。
前衛編、後衛編、中衛編の予定。


【ポジション取りについて】
どの深さで構えるか、大きく3通りあります。
実際には状況を見て常に切り替えるわけですが、
どの位置をベースに考えるかです。

■ネット際に構える
コースを突いた厳しいボレーを打ちやすいです。
非常に攻撃的なポジション取りで、相手に与えるプレッシャーが大きい。
一方で横を抜かれやすくなること、ロブに追いつくことが困難であることから、
後衛の負担が大きくなりやすいです。
また、相手の逆サイドからの鋭角ボレーは少し下がらないと取れないので注意。

■ネットとサービスラインの間に構える
チャンスの場合は前に出てボレーを狙い、
ロブやSSが来る時には後ろに下がるといったバランスの良いプレーがしやすいです。
相手のボレーを最も拾いやすい位置でもあります。
一方で、そのままの位置では中途半端なボレーしか打てず何の貢献にもならないため、
常にベストな位置取りを意識する必要があります。

■サービスライン付近に構える
スライスとボレーの切り替えが容易で、豊富な球種の使い分けが可能です。
ロブに対する処理も容易で、安定したプレーが可能です。
相手のカウンターボレーが強く、ボレー合戦で勝てない場合もこの位置が適しています。
一方で、しっかり前に出なければ決定打になるようなボレーは打てず、
チャンスとみた場合には思い切って前進することを心掛けなければジリ貧になりがちです。


【向いているキャラクター】
必要な要素としては
・スピード値の高さ
・テクニック値の高さ
・スイングエリアの広さ
となります。

スピードがあるほどロブに追いつきやすく、ポーチに出た場合もボールに追いつきやすいです。
テクニックがあるほどボレーの速さとダメージが上がります。
スイングエリアが広ければボレーで捉えられる範囲が広がる上、ボレー合戦にも勝ちやすいです。

現状では、リリカ・シャナオウ・エクセリアあたりが本命でしょうか。
次いで、フランやミゼリ等のテクニックタイプとカモメやミレイユ等のスピードタイプと思われます。
しっかりスピードを上げているならスタミナタイプも有力な選択肢です。


【基本的なテクニックについて】
覚えておくべきなのは大体こんな感じ。

■鋭角ボレー(仮)
ネット際からボレーを放つことで、角度の付いたボレーを打てます。
前に出るほど鋭い角度で打つことが可能です。
逆サイドのスペースが空いているときに使いましょう。

■ストップボレー(仮)
球足の伸びないボレーです。
相手が追いつく前にツーバウンドさせましょう。
打つためのポイントは、
「ネットにピッタリ近づき、ストレートを狙ってタイミング遅めに打つ」

■カウンターボレー(仮)
相手前衛の目の前に立ち、相手のボレーを即座にボレーで返します。
ボレーを打ったあとには一瞬の硬直があるので、
そこを狙ってコースを突いたり、相手の身体にボールを当てたりします。

■連打ボレー(仮)
前衛に構えた状態でスピードの早いSSを受けた場合、
振り遅れておおっと!してしまう可能性があります。
そこで、あらかじめボタン連打しておくと勝手に打ち返してくれます。
また、カウンターボレーを狙う場合にも有効です。
但し横を抜かれた場合はおおっと!してしまうので注意。


【意識すること】

■逆サイドは死守
自分側のサイドは絶対に抜かれないように気をつけましょう。
どうしてもボレーで決めに行こうとするとコート真ん中に出ていってしまいがちですが、
ここを抜かれてしまうと後衛もフォローが出来ずに失点に繋がる可能性大です。
何よりここを固めるのが一番大事。無理に決めに行く必要はありません。


■自分側に来たロブの処理について
ロブを見たら急いで下がり、スマッシュを狙います。
但し、ネット際にいる位置からだと厳しいです。

後衛がそこそこスピードのあるキャラクターなら、
追いつけなくてもフォローしてもらえる可能性が高いです。

後衛の打ったスマッシュが深く入った場合は時間的余裕があります。
相手の返球をボレーで決めにいく準備をしつつ、
ロブが来ても追いつけるような位置取りをしておくと良いでしょう。


■後ろに下がるタイミング
前衛と言っても、常に前にいればいいってものではありません。
以下に示すケースでは、後ろに下がるべきです。

・自分のスタミナがなくなった場合
ポーチに出られず、ロブにも追いつけない。そんな前衛は怖くありません。

・ペアのスタミナが半分を切った場合
ロブに追いつく自信があるならいいですが、抜けたら後衛のフォローは困難です。

・相手のSSが溜まった場合
前ではレーザー系SSに対する対処が難しいので、下がる必要があります。
(但し、エクセ等の前で処理すべきSSは例外)
ということはつまり、プレーしながら相手のSSの溜まり具合を意識しておく必要があります。


■ポーチを狙うタイミング
ポーチとは、自分とは逆のサイドに飛んだボールに走り込んでボレーを狙うことです。
ただし自分側のサイドに打たれたら抜けていくので、がむしゃらに狙ってもダメです。

・相手がバックハンドで返球した場合
球が遅いので、追いつきやすいです。

・相手が深い位置から返球した場合
球が来るまでに時間があるので、追いつきやすいです。

・スマッシュやSS等の強力な球を打った場合
相手がこちらの動きを見る余裕がなく、甘い返球が来る可能性が高いです。

・後衛がフォローしてくれる場合
前衛がポーチに出ると同時に、後衛が入れ替わるように動いてくれる場合には、
仮に自分側サイドが抜かれても後衛のフォローが間に合います。
非常にチームワークが必要なので、ペアとは事前に取り決めておく必要があるでしょう。



【ざっくりまとめ】
・無理せず自分側のサイドを固めろ!
・チャンスの場合は思い切り出ろ!
・スタミナなくなったら下がれ!
・相手のSS溜まっても下がれ!


以上です。

白猫テニス 独断と偏見によるキャラ評価

独断と偏見でってよく言うけど、正直意味よくわかってない。

情報の整理の意味もあり、勝手にキャラクターを評価してみます。
とても強い、かなり強い、強いのざっくり評価!
なお、最近出てきたミゼリ、ヨシュア、ミレイユはあまり知らないので外しています。

今回は攻略ではありませんが、
自分のキャラクターの強さを活かしたり、相手の弱点を突いたりするのは、
この辺の情報から始まるものだと思っています。

ぶっちゃけ持ってないキャラも結構いるのですが、大きく的は外していないかと。


【カモメ】 とても強い
SSは超高速で決定力が高い上に、次ターンまで水溜まりを設置出来る。
好きなタイミングでポイントを取りつつ、有利な状況で味方にバトンタッチが可能。

スピードタイプとしてはテクニックの高さが目立つ。
スライスで相手を揺さぶりながらスタミナを削ったり、
ボレーによる短期決戦を狙うなど戦術の幅が広い。

下の2人に比べるとお手軽感に欠ける感じはあるが、
相手が誰でも互角以上に戦えるポテンシャルを持っている。


【エクセリア】とても強い
SSによる氷設置からのドロップ・ロブによる揺さぶりが強力。
次ポイントまで効果は続くので、設置がうまくいけば2点を奪える可能性が高い。
ほぼ短期決戦となるため、スタミナを削られる前に勝負を決めやすいのも強み。
真ん中くらいの深さに氷を張ると、ドロップに対して相手は氷移動→ボレーの対応になりやすく、
ストローク系のキャラは力を発揮しづらい。

自身のSSチャージが早くない点が欠点。
他キャラに溜めさせることも出来るが、どうやってエクセリアに繋ぐかが問題になる。
なお、ステータスが高いので実はSS無しでも相当に強い部類に入る。


【リリカ】とても強い
テクニック・スピードに優れ、守備範囲が広い。特に前陣でのプレーで強さを発揮する。
ステータスも全体的に高水準にまとまっており、テクニックタイプでは最高クラス。

SSの球速はそこそこ程度だが、前に出られるキャラなので決定打になりやすい。
相手は障害物対策としてスライスを使わざるを得なくなるため、
トップスピンで攻める相手に対しては非常に有効に働く。

守備範囲の広さからボレーが拾いやすく、さらにスピードキラー持ちであるため、
本来相性が良くないはずのスピードタイプ相手でも十分以上に戦える。


【ゲオルグ】かなり強い
SSのスタミナ削りが超強力で、受けた相手をあっというまにヘロヘロすることが出来る。
であるが故に、スルーされることが多い。
ゲオルグ自身のSSチャージはかなり早い方なので、
どんどんSS使って得点を重ねるか、他キャラに繋いでSS使わせるか。
ただゲオルグはSS無しの決定力に乏しいので、後者は具体的にどう繋ぐかが問題となる。

なお、圧倒的なスタミナで長期戦に強い!!
はずなのだけど、クレーにはエクセ、フラン、カモメのようにテクニックでスタミナを削る相手が多く、
それ以外にはスタミナキラーのシャルがいるので、案外アドバンテージを取れないことも多い。


【アイラ】かなり強い
SSは超高速かつ受けた相手のスライスを封印する効果があり、
スライスメインの相手に大きなアドバンテージを取れる。故にスルーされることも多い。
なお、ドロップショットは普通に使えるので注意。

ステータスはテクニックが低いものの、ストローク・スタミナで優れる上、
ストロークキラーを持っているので、グラスでカスミに有利を取れるのは大きい。


【フラン】かなり強い
SSを溜める速度が星4組では最速。
スピードが速めでスイングエリアも広いので、ボレーでの決定打が狙いやすい。
上記の理由から、SSを溜めて他キャラに繋ぐという役割には最も適している。

SSの性能は地味だが、後ろに下げておいてボレーで決めることが出来るし、
消えるおかげで相手のネットプレーを無視出来る点が何より大きい。


【セリナ】かなり強い
SSはあまり早くないが、前に出ればそれなりに得点になる。
設置する障害物は一つなので、リリカに比べるとボールを当てるのが難しい。
障害物対策の出来ていない相手であればそのまま狙っていればいいのだが、
そうでない場合はあまり当てることを意識せず、いつも通り左右にストロークを振るのが良い。

ステータスは全体的に高い。その暴力がセリナの強みかも。
特にスピードはストロークタイプとしては破格で、スピード靴を履かせればネットプレーもこなせる。


【マール】強い
SSの球速はそれほどではないが、前陣から空いたスペースに撃てばそれなりに決まる。
気絶効果があるので、相手に返球されても点を取れる可能性がある。
現状、スピードタイプで決定力のあるSSを使えるのはカモメとマールだけ。


【カスミ】強い
決定力の高いSSは健在。シングルスならほぼ確実に一点をもぎ取れる。
同じストロークで、キラー持ちのアイラに分が悪いので評価を下げているが、
シャナオウやラヴェンダが相手ならカスミの方が強いかも。
それ以外の相手であればそう大差はなく、まだまだレギュラ-。


【シャナオウ】強い
テクニックタイプとしてはかなり優秀なステータスを誇る。
特にスタミナの高さが光り、コートに長く居座ることが出来る。

SSは決定力が高く、さらに自身のスピードとストロークにバフがかかる。
ただ自己バフがかかっている間は確かに強いが、
本人のSSの溜まりが遅いため、長引くと相手とのSSチャージに差が開く原因になる。


【ヴィルフリート】強い
ハードコート版ゲオルグ。
ただし、SSはこちらの方が控え目。
豊富なスタミナで粘りつつ、溜まりの早いSSでドーンが強い。
ただ、足が遅いのでネットプレーは厳しく、得点はSS頼みになりがち。


【シャルロット】強い
クレーでは有力なストローカー。
スタミナキラーがあるので、ゲオルグ(とダグラス)相手に有利を取れるのが強み。
一方、有力キャラであるエクセリアやフランがストロークキラーなので評価が落ちる。

SSは球速があり、決定力に優れる。
燃焼が付いてはいるが、大幅なスタミナ削りは期待しない方が良い。
あくまで、返球されたときのおまけ要素としての面が大きい。

 | HOME |  »

 プロフィール

全手動洗濯機

Author:全手動洗濯機

チラシの裏です。ゲームしたり、卓球したり。


 カテゴリ


 ブログ内検索


 あくせすかうんた

2007年1月19日からカウント

 カレンダー&月別表示

| 2018年10月 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


 最近のコメント

データ取得中...

 リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。