スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試合へ

どうもこんばんわ、山本です。

久しぶりの更新です。
卓球はぼちぼち続けておりましたが、
こちらに書くことはありませんでした。
これまでの経過については、mixiやTwitterをご覧頂いていた方のみぞ知るってところでしょうか。


本日は、岐阜羽島のとある試合に行ってきました。
卓球を再開してから、2回目となる試合です。
前回がボロボロだったので、今度こそは・・・といったところだったのですが、
やはり今回もボロボロ(;´∀`)
軽く凹み中です。

前回は本来の階級より上位の場所で戦うことになってしまったので、
ある程度負けて当たり前という雰囲気がありました。
が、今回は正直言い訳が難しい。

強いて言うなら相手が表ラバー使いばかりで、
慣れない球質に全くついていけなかった・・・というところ。
表ラバーの経験さえあれば、結果は違っていたんだろうか。

ただもっと根本的な問題として、
カットマンという戦型と、練習時間の短さを感じました。

まずカットマンという戦型は、基本的な技術+αでカットの技術が必要です。
また、相手より先にミスをしないだけの精度が要求されます。
なので、カットマンは人より多くの努力を要する戦型であると言われています。

そんな中で、自分が確保出来る練習時間は土日だけです。
でも周りを見ると、卓球を嗜む人は平日も練習が出来る生活環境にある場合が多いです。

人より練習時間を取れない者が、人より努力を要するスタイルで勝てるのか?
多分、答えはNOなんだろうな・・・と、今日の結果をみて思います。

それなりに身体能力には自信のあった自分が、
どうしてそれを活かさない卓球という競技をはじめ、今に至るのか。
ひとえに、このカットマンという戦型が好きだからです。

今のままやってても、正直この先は厳しいだろうと思いつつ、
正直まだちょっと悩んでます。
スポンサーサイト

卓球

どうもこんばんわ、山本です。

久しぶりに卓球を楽しみました。
ラケットはなぜか高校時代に買ったと思われる羽佳STの未使用品が置いてありましたので、それを使用。
ラバーは無かったので、ネットで注文。
フォアはトリプルスピードチョップスポンジ。バックはWRMで売ってるHAMMERという表ソフト。

高校時代はバック面にツブ高を貼ってましたが、
バックにナックルボールを集中されたときに対処出来ずに終わるパターンが多かった。
ってかぶっちゃけそれだけで負けるしと思いつつも、今更変えるのもなぁ…とモヤモヤしてました。
今回はもう思い切って表に変更というわけです。ほとんどゼロからのスタートですし。

で、久しぶりに打ってみた結果。
ブランクのわりにはそれなりに打ててたような気がする。
…とは言え、全体的にレベルダウンしてるのは否めず。
体の使い方がわからず、手でボールを打ってる感じになってしまってインパクトが覚束ない。
特にドライブは致命的で、空振りの連発でした。
逆にフォアカットだけは良い感じで、現役時代の頃に戻っても通じる気がしました。

ただフォアカットが安定した理由としては、今回使ったトリプルの影響が大きいと思う。
スポンジかシートが硬いのかどうかは知りませんが、インパクトはバシッと弾くような打球感。
相手のドライブに対しても、抑えるまでもなく浮くより先に前に弾けていくような感じでした。
なので比較的安定してコートには入ってた感じがします。
しかしながら、攻撃面ではドライブのやりづらさが気になりました。
特にグイッと回転をかけた弧を描くようなドライブは全然出来ない。
普通にインパクトすると回転賭ける前に弾けてしまうし、擦るように打つとボールを掴みきれずにネットイン。

ちなみに自分が昔使ってたフォア側ラバーはマークVとかカタパルトなのですが、
特に意識せずともスッとラケットを振り切るだけで球が放物線を描いて飛んでいった感じがします。
カットに関しても今回のように弾くように打つのではなく、スパッと切って飛ばすような印象でした。
どうも今回買ったトリプルは自分の感覚とは合わないような感じがします。
まぁ、まともに下調べしなかった自分が悪いのですが・・・。
最近のカタログ見る限り、Yasakaが出してるREKZA7のソフトが良さそうに思えますね。

あとはバック面に貼った表ソフトですが、なかなか良い感じです。
確かにツブ髙に比べると回転の影響を受けやすかったり、回転量のMAXでは劣る感じがします。
しかしながら切ったり切らなかったり、場合によっては叩きに行ったりと、
相手の出方によらず積極的に仕掛けられるのは良さそうですね。
ただ絶対的に練習が足りてないので、その前に自分がミスっちゃいますが・・・。
カットに関しては、しっかりと素早く振り抜くのがコツかな?と思いました。

それではまた。

 | HOME | 

 プロフィール

全手動洗濯機

Author:全手動洗濯機

チラシの裏です。ゲームしたり、卓球したり。


 カテゴリ


 ブログ内検索


 あくせすかうんた

2007年1月19日からカウント

 カレンダー&月別表示

| 2017年10月 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


 最近のコメント

データ取得中...

 リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。