スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心者向け講座 ~フィーバーの基本~

とりあえず今回は、フィーバーモードに入っても困らない程度の解説だけ。
これだけわかってれば、とりあえず大丈夫かと思います。


5連鎖階段型


正しい発火点は階段の左側の青です。
リバーシブル連鎖になっているため、黄色からの発火も可能ですが、
連鎖数が減ります。どうしても時間が無いときの緊急発火に。



伸ばしたい場合はこんな感じで折り返しを作ってもいい。


1手目がでかぷよだった場合、
こんな感じで置くと折り返しを作りやすい。



こんな感じで、連鎖尾を伸ばす方法も。




5連鎖挟み込み型


正しい発火点は左側の黄色部分。



左下にゴミを入れて形を整えてやると伸ばしやすい。



一手目がでかぷよだった場合は一番右で千切って、
その後青を一つ追加。その上に赤を乗せることで、連鎖尾を伸ばすことが出来る。



5連鎖座布団型


非常に変わった形の連鎖。
発火点は下から5列目の赤色。



こんな感じで、右下の青が最後に消えるようにすると6連鎖になります。



でかぷよが来ていたら、色を変えて一番右に置く(この場合は黄色)
これで7連鎖になります。



5連鎖平積み型


一番左の縦に3つ並んだ黄色を消したくなりますが、正しい発火点はその下の緑。
しかしこのタネは非常に伸ばしやすいため、時間があるならぜひ伸ばしたい。



このように、次に落ちてくるぷよが黄色2つだった場合、一瞬で6連鎖に伸ばせる。
黄色を二つ以上含んだぷよなら、3つでも4つでも、でかぷよでもOK。
一手でなくても、次に来るぷよに黄色が見えていたら十分狙っていける。

フィーバー伸ばしなんて難しくて出来ねーよ!
って人でも、最低限この形の+1連鎖伸ばしは覚えておきたいところ。
スポンサーサイト

初心者向けぷよ講座 ~フィーバーモードとは~

さて、今回はフィーバーモードについて解説します。

フィーバーモードとは、今作で新たに追加されたシステムの一つで、
初心者でも簡単に大連鎖の気分が味わえるというものです。

フィーバーモードに入るためには、相手の攻撃を7回相殺する必要があります。
簡単に流れを説明しますと、



Image0604_003.png

相手がお邪魔ぷよを送り込んできました。
このままではまともに食らってしまいます。



Image0604_004.png

とりあえず、こちらも3連鎖で対抗します。


Image0604_005.png

無事、相手のお邪魔ぷよを相殺しきる事が出来ました。
また、赤で囲まれた部分に、3つ程ゲージが溜まっているのがわかるでしょうか。
これがフィーバーゲージです。
相殺をする毎に1つずつ溜まっていきます。
これが7つ溜まると、フィーバーモードに突入します。


Image0604_006.png

フィーバーモード突入する一歩手前です。
ここで緑を消して相殺すると・・・。


Image0604_007.png

F E V E R !



Image0604_008.png

ビッグボーナスよろしくフィールドが切り替わり、ぷよがたくさん降ってきます。
これを、連鎖のタネと言います。

この状態で既に連鎖が出来上がっており、
正しい場所から発火すればそれだけで大きな連鎖が撃て、
制限時間内であれば再び、次のタネが落ちてくるのです。
また、連鎖終了後に制限時間が少しだけ増えます。
制限時間が切れるまで、ひたすら連鎖をする事が出来るのです。

ちなみに、一番最初に落ちてくるタネは5連鎖分。
正しく発火できれば、次のタネは6連鎖分、
それも成功すれば7連鎖・・・と、タネは少しずつ大きくなります。

ただし、最初のうちは正しい発火点を瞬時に判断するのは困難です。
その場合、「とことんフィーバー」でひたすら練習することをオススメします。
このゲームをやる上で、フィーバーモードは欠かせない要素の一つなので、
ぜひともモノに出来るようにしてください。







 | HOME | 

 プロフィール

全手動洗濯機

Author:全手動洗濯機

チラシの裏です。ゲームしたり、卓球したり。


 カテゴリ


 ブログ内検索


 あくせすかうんた

2007年1月19日からカウント

 カレンダー&月別表示

| 2004年04月 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


 最近のコメント

データ取得中...

 リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。