FC2ブログ

・・・

さて、最近とにかく狩りが辛い。
必要な経験値だけが上がってる感じがする。
そういう時期なのかねぇ…。

いや、もしかするとステ振りに問題があるのか?

0510_047.png

こんな感じ。HACKは武器が装備できる程度。DEFはほぼ完全にランダム任せ。あとは全てDEX。
………DEX特化型?

しかしそのくせ、自分よりLvの低いムスケル(強)やデビルナイトにはしょっちゅうミスが出ます。
命中が足りないのか、それともTWはこういうゲームなのか…。
その上、ムスケルからの被ダメは300オーバーと猛烈に痛いので、とても狩りなんて出来ません。
海底3でクリゴレ狩りが良いと聞いて行ってみたりもしましたが、
一発で200以上食らうので、POTがいくつあっても足りません('A`)

再振りしようにも、その道具はムスケル(強)を倒さないと出ない。
……………ハメですか?


そんなわけで、ひたすらムスケル(弱)を狩る毎日。
たまにあいす饅頭とシンプ2へガト狩りに行きますが、ドロップが無いのでとにかく赤字。
その上、もうすぐガト狩りもウマくなくなる…。一体これからどうやって生計を立てようか。
DOP1もそれなりと聞いた事がありますが、無法地帯での生活は勘弁。
自分は絶対に先に手を出せないタイプですから…。
「DOPに来るヤツが悪い!」と割り切って無抵抗の者でも平気で殺せる人が羨ましいもんです。


とりあえず、ムスケル(弱)狩って~
集めた材料で一級B石を作って売って~
露店出してる間に採掘ドロでもしながら頑張るかな。
スポンサーサイト



うおー きたー!

さてと、多くの方々にとってはそうではないかもしれないが、
自分にとってはこの上なく嬉しいニュース。

友人からのメールで、MOTHERの生みの親、糸井重里氏のウェブサイト、
ほぼ日刊イトイ新聞を見たわけです。
すると、今日のダーリンにとんでもない事が書かれているわけではないか。


以下「今日のダーリン」より引用


任天堂とも相談して、
ほんのちょっとだけフライング気味に、
「ほぼ日」で発表させていただきます。
さんざんご心配もかけてまいりましたが、
ゲームボーイアドバンスのソフト

MOTHER3

の発売のめどが立ちましたので、報告します。

もうここまで出来たら大丈夫、と何度か思いましたが、
「絶対に大丈夫」と言い切れるようになるまでは、
発表しないできました。
とにかく今回は、あらゆる面で控えめにしていようと、
心に決めていましたから。
発売日は、まだ、ひと季節分くらい先になりそうですし、
仕上げのために、ぼく自身も何度も合宿している最中です。
この先も、しばらくは追い込み的にがんばります。

と、発表してしまうと、それはそれで、
さまざまな質問などをいただきそうなのですが、
今回『MOTHER3』に関しては、ぼくは発売直前まで、
静かにしてようと考えています。
宣伝の大切さとかもわかっているつもりですが、
『MOTHER3』は、とにかく
原寸大で楽しんでいただこうと、そんな気持ちです。
ですから発売直前まで、またできるだけ静かにします。
とにかく、『MOTHER3』は、つくってます。
発表できる段階までこぎつけて、ぼくもうれしいです。
待っていてくださった方々、ありがとうございます。
またしばらくの間、忘れていてくださいね。



えぇ、もう

素晴らしい!

MOTHER1+2のCMで、どうやら3がGBAで開発中らしい…
という話を聞いてから、どれだけ時間が経っただろうか。
またいつものように、開発中止になったのではなかろうか…。
もしかして、次世代機に移行とかになったのでは…。
と、心配に心配を重ねましたが、どうやらGBAで決定のようです。

3はGCで出ると思い込んで、結局GCを買ってしまったが…まぁいい。
25000円はもったいないと思うけど、それでもMOTHER3が出るというならノープロブレム。
発売まではまだ随分とかかるようではあるようだが、
とりあえず発売がほぼ確実になっただけでも十分。

ただ一つ不安なのが…やはり音楽。
GBAはグラフィックはSFC並と言いますが、音質はそうではない。
実際MOTHER1+2(特に2)は、古くからのMOTHER支持者からの評判が悪い。
その大きな原因が、音である。これではMOTHERの魅力は十分に伝わらない。
今の子供達がこれをやって、「MOTHER(2)ってこんなものか」と感じるのかと思うと、実にやるせない気持ちである。

MOTHER3発売が決まったのは嬉しいが、GBAだと聞いて不安なのも事実。
SFC版MOTHER2のような音は期待出来ないし、
携帯ゲーム機では、MOTHERの世界観も狭く感じてしまうのではないか。

まぁ、出る前からど~こ~言っても仕方がない。
音については、MOTHERの例がある。
FCの音質は今に比べると決してよくないが、それでもMOTHERの曲は良いものだった。
だから、GBAでもさほど気にする事は無いのではないか。


なんにせよ、1101氏の言葉どおり、しばらくは忘れる…のは無理かもしれないが、
大人しくそのときを待とうと思う次第である。


レース 鬼ごっこ

さてと、先日の日記です。
最近は年のためか、日記を書くのが辛くなってきました。
やや遅めの更新ですが、勘弁をば…


さて、今日はフレさんとこが3000Hitした記念のイベントがあります。
が、それまで少し時間がったので、友人3人でレースをしていました。

一応、一人ブログ初登場の人がいます。
名前出していいかなぁ、伏せた方がいいかなぁ。
でも本人も実はここ見てるらしいし、出しちゃおう。うん、出しちゃうぞ。


Image0511_000.png

ってなわけで親愛なる友、オンミツくんとへーさんでレースをしました。

これがまた、賞品がゴージャス。
龍天とかシェラプマントとか普通に出てました。
自分もlv40両手斧と、+96へぼアールン出しました!(帰れ)


Image0511_001.png

まぁ、負けたわけですが orz
最近全然やってないせいか、みんな随分腕が落ちてますね。
どれだけラグろうがノーミスが基本だった昔が懐かしいね、うん。
リハビリしようにも、もはや椛では忍耐レースが開催される事も無さそうですし、
開催されたとしても、かつてゴール争いをした彼ら、もしくはそれくらいの実力者がいるかどうか…。
まぁ、目の前に最低2人はいるわけですが。
そんなわけで、リハビリする気もあまり無かったりします。

ちなみにこのレース、賞品がたくさん用意されておりまして、
1位は2個、2位は1個もらえる事になってます。

ちなみにオンミツ君は強化されてるっぽい鍋フタと、魂のアールンをゲットしたもよう。
ちなみに自分は+85の龍天をもらいました (´▽`)


んで、2回戦。こっちは1位が余ってる賞品を全て頂くというルールです。
が、出だしで思いっきり滑ってしまい、もはや勝ち目はナシ('A`)


Image0511_002.png

…が、最後の最後で落っこちたお茶目なオンミツ君のおかげで1位になれましたとさ。
これ全部もらいました。あははははははは。

(その後、+85龍天はオンミツ君の魂アールンと交換しました)



そして、その後はフレさんのイベントへ。


Image0511_003.png

ギルドに所属していないキャラクターで行くのが望ましいとの事だったので、
久しぶりに星野を起動させました。
それにあたり、エビルはセレえもんに売ってしまったため、星野は装備ナシ。
それでは格好がつかない!ってなわけで、


Image0511_004.png

毒キノコを2Mで購入。

無駄遣い万歳 ヽ(´▽`)ノ


最初は人数が少なかったのですが、時間が経つにつれて少しずつ増えていき、
無事に本番に漕ぎ着ける事が出来ました。

「誰か来てくれ~」

と友チャで呼びかけたとき、快く駆けつけてくれたへーさんやbbマスクさんありがとうございました。


で、いよいよ本番…ですが、必死になっていたためにあまりSSが残っていません。

Image0511_005.png

自分はここに潜んでいました。
…と言ってもわかりにくいですね。


Image0511_006.png

ココです。

場所的に結構半端なところなので、意外に見つかりにくい。
そして、もしものときはダンジョンの中に隠れる事が出来る。
ダンジョンの名前は木のダンジョン7というのですが、
その名前を聞いてすぐに正確な場所がわかる人はほとんどいないでしょう。
また、左の方からタッチを迫ってきた場合は右へ飛び降りる事も可能。
飛び降りると見せかけて他のダンジョンへ入ったりもOK。
ちなみに、ここへ来るにはダンジョンの上の入り口を通って下に出る以外に方法はありません。

…と、逃げる側としてはなかなかに良い場所です。
まぁ、囲まれて逃げ道塞がれたらそれまでなんですけどね…。
それでも下手に逃げ回るよりは良いはず。


で、なかなか良い感じに時間を潰す事が出来ましたが、
終わりが近づいてきたところで鬼に囲まれたっぽい。
とりあえずダンジョンの中へ逃げ込むも、鬼に姿を見られてしまった。
さて、どうするか………。
おそらく、鬼が一人ダンジョンに入ってきて、自分が下に出たところをもう一人が捕まえるんじゃないかなぁ…。
で、多分右下のポータルにも鬼が待ちかまえているであろうと予想してみた。

とりあえずダンジョン上の出口で待機し、鬼が入ってきた瞬間に入れ違いに脱出。
そのまま右へ飛び降りる。これならダンジョン下の出口前で待機している鬼もかわせるはず!
問題はポータルの前にいる鬼だが、これは気合だ。
地面に落ちてすぐにポータルに入れば捕まらずに済むかもしれない…と、半ば賭けだったわけです。
まぁ、運良く下に鬼はいなかったわけですが…。
ってか、もし下に鬼がいて、それをかわせても次のマップでアウトですやね。
鬼がマップに入ってくるまでに、鬼の画面外まで走るなんて到底不可能ですから。

で、何とか脱出してヘネシス方面へ逃げる逃げる。
…が、恐らく自分を狙っている鬼は5人以上。
おまけに鬼は帰還書を使えるため、挟み撃ちにしてくる可能性が高い。
この時点で、逃げ切るのは不可能だと断定し、少しでも時間を稼ぐ作戦に出る。
幸いにも、残り時間はわずかだ。逃げ切れないものでもない。

そして、東の森まで到着。
おそらく、もう逃げ場は無いはず。
鬼の数人は既に東の草むらまで来ている。
東の草むらはこのマップののはずだから、
マップの左…それも、出来るだけ上の方。そしてなるだけ長く時間を稼げる場所。
ここにいれば、何とかなるかもしれない!手元の時計で残り時間は1分弱!

よし!鬼が東の森に入ってきた!
とりあえず、左のポータルに行って鬼の様子を見…。

…って、さっき入ってきたばかりのアンタらがなんでおるんじゃー!?


Image0511_007.png

ってなわけで、捕まったわけです。
東の草むらはこのマップの 右 ではなくて、左 でした^^;
まぁ、女性二人に捕らえられたなら星野くんも本望でしょう。
…って、中身は男ですか、そうですか。

それにしても残り時間はあとわずかだっただけに、残念無念。

ちなみに、一番最後まで生き残ったのはオンミツ君だったようです。
…が、彼は回線不調による硬直中に捕まったんだそうで。
ってか、そんな回線でよくそこまで逃げられるよなー ('A`)




Image0511_008.jpg

その後は、図書館でしばし雑談を楽しんで解散となりました。

いやぁ、楽しかった。
主催者のフレースさん、ありがとうございました&おつかれさまでした。
次回があるなら、次こそは逃げ切りたいですねぇ…。
実を言うと今回潜んでいた北の森は行き当たりばったりで見つけたところなので、
次は入念に逃げに適した場所を調べて…。………ここ以上に良い場所あるかなぁ。
まぁ、いかなる場所であろうと基本は囲まれたら終わりなんですけどね。
何とか囲まれても逃げ切れるような場所ないかなぁ。

いやいや…

今日は一発ネタ。


0510_046.jpg


一体誰と間違えたんだネクソン ('A`)



チャプターの要所要所で誤字脱字を炸裂させるのはやめてほしいです。
時には今回のように誤字脱字とかいう問題ではない場合もありますし…。
ゲームは違っても、やはりネクソンは筋金入りのアホでしょうか。

 | HOME | 

 プロフィール

全手動洗濯機

Author:全手動洗濯機

チラシの裏です。ゲームしたり、卓球したり。


 カテゴリ


 ブログ内検索


 あくせすかうんた

2007年1月19日からカウント

 カレンダー&月別表示

| 2005年11月 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


 最近のコメント

データ取得中...

 リンク