スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あああ

どうもこんばんわ、山本です。

今日はバイトで、他店の応援として出張してきました。
まぁさしたる問題もなく終了。特に書くことなし。

Nightwishの新譜が発売されましたが、ちょっとお金が無いので買えない。
ヴォーカルが交代してどうなることやらと言われておりましたが、
なんだかんだで良い感じに評価されてるようです。
あ~早く聴きたい。

そういえば、オススメのアーティストとしてSound Horizonというのを勧めてもらいました。
実は、友人にいくつか音源をもらってるので少しは知っているんですけども、
個人的には微妙で、このナレーションはいらないなーって感じでした。


それにしても、同人音楽の世界には結構自分の好みの音楽が溢れてたりするものです。
色々なところでオススメ情報を仕入れては公式サイトで試聴したりするのですが、
音楽的に色々な方向からのアプローチを試みているとこも色々あって面白いものです。

しかし

なぜ、歌い手は必ず線の細いハイトーン系女性ヴォーカルなんでしょうか。
もうお約束です。コーラを飲んだらゲップが出るのと同じくらいお約束。
やはり同人というとアニメ・ゲームファンが多いため、
その中で成功するにはこういうヴォーカルを起用するのが絶対条件…なんでしょうか。
と言うより、音楽をやってる側の人達がそういう趣味だからなのでしょうか。
まぁ綺麗な曲に綺麗な歌声を乗せるってのは当たり前と言えば当たり前か。
ただ、天にも昇るようなクリアなハイトーンボイスというのも良いものですが、
個人的にはもっと力強い歌も聴きたいな。
浜田麻里のようなシャウトが出来ればもう完璧なんですが。

まぁなんだかんだで自分もそこまで同人音楽を深く漁ってるわけじゃなく、
試聴ばっかりで肝心のCDを全然買っていなかったりします。
ちゃんと探せば自分の好きなタイプの人達が見つかるかもしれないね。
同人音楽と言うとオタク的な響きがして引いてしまう人も多いでしょうけども、
早い話がインディーズですよね。
言い方を変えるだけであら不思議。すっごいクール。
そういうわけで、偏見だけで避けてしまうのは非常にもったいないと思うのです。



さて、ここらでちょっと自分が数ヶ月前からお世話になってるサイト様を紹介

悶絶メタルのページ
http://mmpk.web.fc2.com/


デスメタルからアニソンまで、幅広くレビューしているサイト様。
管理人さんの自己紹介を見た時、あまりにも自分と好みが似ているので衝撃を受けました。
ちなみにビジュアル系も偏見無く、というか結構力を入れているようで、
MALICE MIZERやムックを大絶賛しているあたり、どっかの巫月を連想させる。
まぁ歌詞は割と二の次らしいので、その辺は全然違うけど。
アニソンや同人音楽も偏見なく。
誰がどう見てもアッチ系のCDなのに、そういう話題は華麗にスルーしながら淡々とレビューしているのがステキ。

そんなわけで、何か良い音楽は無いかなぁというときに参考にさせてもらってます。





スポンサーサイト

またいろいろと

どうもこんばんわ、山本です。


この辺に何か記事があった気がしたけど、自主規制(´∀`)
それにしても、インターネットは広いようで狭い。
誰が見ているかわからないということを、思わぬ形で知りました。
これからはここに書く内容も一度考えてからにしないとな~。


さて、我らが四日市の星、CTY(Cable TV Yokkaichi)が満を持して発表。
来春より、160Mbpsのワイドバンドサービスを開始するそうです。
詳細はまだ発表されてませんが、楽しみですね。


さて、水曜日は授業を取らなかったので今日は休みでした。
今のバイトが9月いっぱいで終わるのですが、
この水曜日にバイトを入れるか、それとも完全にオフにするか迷うところ。
ってか次のバイトまだ決まってないから、さっさとどっか決めないとな。


で、今日は昼前に起床。
とりあえずCDとかバンドスコアを見に町の方のブックオフへ向かう。
その前に自動車のガソリンが無かったので、途中で給油。
ってかガソリン高いね。灯油で自動車が動いてくれたらありがたいんだけど。

で、給油をしたら持ち合わせが無くなってしまった。
近所のスーパーの中にATMがあったはずなので、そっちへ向かう。
そこの駐車場で、いきなり車が目の前にバックしてきた。ちゃんと見ろヴォケが。
ってか、なんでオバちゃんって前から駐車したがるのか。
バックで駐車するのは簡単だけど、バックで出るのは何かと面倒だろ、常考。
まぁ多分現実として、バック駐車が出来ないからなんだろうけど。
実際問題、こんなヤツに免許やっていいのか?って人多いね。
いかんせん車校の卒業試験がぬるいのが問題。
何も起こらなければ何もしなくても通るじゃないの。


で、まぁなんだかんだで無事にお金を下ろし、いよいよブックオフへ。
うん、さすがにちょっと町の方へ来ると品揃えが全然違うね。
GAMMA RAYの5thアルバム、"Somewhere Out In Space"が950円だった。
彼らの最高傑作との評価も高いこの作品がこの値段ならかなり安い。
まぁ多分それはデジタルリマスター版が出たからだろうけど。ちなみにこっちは旧版。
このアルバムはレンタルで借りただけで持ってはいなかったから、購入。

で、次に安売りコーナーへ。
500円で"HANSEN WORX"が売られているのを発見。
まぁタイトルの通り、自分の大好きなギタリストであるカイ・ハンセンの働きを一つにまとめたアルバムです。
HELLOWEENの創始者であり、ジャーマン・メタルという音楽を確立した人。
後続者達へ絶大な影響を与えた彼は、まさに神様とも言える存在です。
そして何より、その人柄の良さ。
陽気でお茶目で他からゲストとして呼ばれることも多く、色々なバンドのところにお邪魔しては大暴れして帰ってくる愛すべきオッサンです。
ちなみに、3rdアルバムを最後にVoのラルフ・シーパースが脱退してしまい、
現在はカイが自らリードギター&ヴォーカルとして活躍中。
その歌声は賛否両論ありますが、自分は大好きです。

…と、カイ・ハンセンという人について軽く紹介をしました。
完全に後追いの自分が偉そうに何言ってんだって気もしますが。
というわけで、そんな彼の働きぶりをまとめたアルバム。
まぁこのアルバム自体が結構古いものなので、最近の活動は含まれてませんが。

…とは言え、このCDに収録されてる曲の大半は手元にあるんですが(;´∀`)
ってかこんなCD買う人は大抵みんな他のCDも持ってるでしょう。
一番の目的はCDじゃなくて、同梱のフォトギャラリーだったりします。


であと、SHAZNAの"GOLD SUN AND SILVER MOON"というアルバムを250円で購入。
別に自分はSHAZNAが特別好きというわけでもないですが、
というか自分が小学校くらいの頃に活動してたって事くらいしか知りませんが、
何というか…CDケースがキンキラキンに光り輝いていて綺麗だった。
「おおっ!こんな立派なCDケースが250円か!」
というわけで、勢いで買ってしまった次第です。
まぁ聴いたことなかった人の音楽に触れるって意味でもちょうど良かったですしね。


とりあえずSHAZNAについては…。
ん~やっぱり見た目でアピールする部分が大半だったせいなのか、
音楽的には特別これと言った魅力は感じないな。
言うことを聞かなくなってきたLUNA SEAに業を煮やした社長が、
それに対する対抗馬として強引にデビューさせたという背景もあるみたいだし。
いや、確かにメロディに哀愁感があって決して悪くないとは思うけど…。


HANSEN WORXについては、まぁどの曲も知ってるから今更聴く必要もないかな。
しかし、年々寂しくなるカイの頭髪はいつまで保つだろうか…。
正直もうかなりヤヴァイと思うんですが。
あまりこういうこと言うとマーダラーされるからこの辺にしておこうか。


で、Somewhere Out In Spaceは、上にも書いたカイのバンド、GAMMA RAYの5th。
これまでアルバムを出すたびにメンバーチェンジをしていた彼らですが、
ようやくこのアルバムでメンバーが安定します。
で、前作まではギターを担当していたディルクが今回から自らの本来のパートであるベースに戻ってます。
それを踏まえてか、アルバムはディルクのスラップで幕を開けます。
まぁ細かい感想は省略。
やっぱ自分はこのメンバーが一番好きですね。
でも、ラルフ復帰だとか、キスク加入とかあったらそれはそれで面白そう。

いろいろと

どうもこんばんわ、山本です

今日は帰りに名駅西のビックカメラに行ってきました。
目的はイヤホンの試聴です。
いやはや、なんか今のイヤホンじゃ満足出来なくなってきてしまって。
まぁ音質を求めるならイヤホンじゃなくヘッドホンにすべきなんですけども、
髪型が乱れる、大きくて邪魔になるなどと言った理由により、あくまでもイヤホンです。

でまぁとりあえず色々聴いてみたわけです。

ハーマンのep720ってヤツがなかなか良い感じだった。
非常に綺麗な音で、中~高音の伸びが良い。特に女性ヴォーカルの曲によくマッチする。
んでもって、何というか、イヤホンなのに空間の広がりを感じる。
ただ、ネットでも散々言われているように低音は確かに弱い気が。
今使ってるE2C(8000円程度)と比べても弱い。
まぁ使い込んでいく内にもう少し出るようになると思うけども。
HR/HMを聴く人間からは不評みたいだけど、自分にはこういうのもスッキリしていていいかなって印象。
そしてこの3段キノコの形がいいね。第三者から見ると怪しげに思われそうだけど…。
結構耳の奥までグイグイ差し込まないとダメで、人によってはこれがダメらしい。
幸いにも自分は全然問題無かった。そして遮音性がすごい。何にも聞こえない。

このep720、店頭価格だと22000円くらいするけど、通販なら15000円弱で買える。
まぁそれでも高いんだけど…。買うにしても、よく貯金と相談しないとね。
今使ってるイヤホンを誰かが買い取ってくれたらいいんだけどな~。


あと、E2Cの上位モデルであるE3C,E4Cも試聴してみた。
E3Cはハッキリ言ってビミョス。なんというか、クセがあって不自然な感じがした。
E4Cになるとそりゃもう全然違うんだけど、値段も全然違うから・・・。


あと、帰りにブックオフに寄ってきた。
浜田麻里のデビュー10周年記念版が250円で売ってたので購入。
デビューからの10年(1983-1993)が2枚組のCDに凝縮された内容になってます。
でも初期のHR路線のCDは今では非常に入手が困難なため、このCDは有り難いですね。
なんせ自分はその頃は生まれてすらいなかったので。
そういう自分も、最近までこの人が昔はバリバリのヘヴィメタルシンガーをやってたなんて知らなくて、
必死で初期のCDを探すものの、相場は定価の数倍にまで膨れ上がっており…。

ってなわけで、とりあえずこのCDでガマンです。
まぁ感想と言うと、初っ端から"Don't Change Your Mind"が格好良すぎワロタ。
やっべぇ、この人本当に上手いな。ビックリしちゃったよ。

( ゚Д゚) スゲー・・・


あとついでに、バッハのCDも買ってきました。
こちらも2枚組でお得です。
ただ、クラシックは音楽フォルダに保存するときに作曲者名で分けるか、指揮者、演奏者で分けるのか、どうすべきか悩んでます。

このままフュージョンとかジャズとか、エレクトロニカにも手を出してみようかな。
ただ、どっから手を付ければいいかさっぱりわからんね。

音楽探してます

どうもこんばんわ、山本です。

少し前にYN、鮮やかなヤツ、Tの4人で飲みに行ったんですが、
やはり自分はダメでした。
バナナミルクのカクテルをコップ一杯弱飲むのが限界で、即ダウン。
量にして、大体200ml程度しか飲んでないんじゃないかな。
そのくせ、めちゃくちゃハイテンションになってました。

…まぁ、マジで自分に酒は無理なことが確定いたしました。
でも飲める大人というのは一緒にいる相手も「酒」を飲んでいないと何故か満足できないようなので、将来苦労しそうです。
そこでキレてフルボッコにしたら問題になるし。でもそうでもしないと自分が殺される。
いや、マジで自分は無理に酒飲むと死ぬタイプだと思う。冗談抜きで。

とは言え、自分が二十歳になるにはまだもう少しあるので。
その日が来れば、きっと何かが変わるのかもしれませんね。



さて、ここのところずっとHR/HM(ハードロック・ヘヴィメタル)聴いていたんですが、
ちょっと最近はそういうヘヴィなものだけでなく、綺麗な音楽も欲しくなってきた。
というのも、帰りの電車の中で暇を潰すためにいつものようにiPodいじってたんですが、
全部で3000曲近く入ってるのにほぼ全てがHR/HM。
こういう音楽は大好きですが、さすがにずっとこれでは聴き疲れもするわけで…。

というわけで、何か他に良い音楽はないかな~と。
適当に自分が求めてる条件?っぽいものを挙げてみますので、
もし良かったらみなさんのオススメとか教えて頂けるとありがたいです。


・とにかく聴いてみて良いと思えば、ノリノリ系でもしっとり系でもOK
・基本的にメロディアスでキラキラした綺麗なサウンドが好き
・パイプオルガンとかクワイアとか、教会をイメージさせる音楽も大好物
・ヴォーカルは男性でも女性でもいい 無しでも構わない
・ぶっちゃけゲームミュージックもOK
・いわゆる「クサメロ」が大好物
・ミュージシャンの外見も特に気にしない V系も問題無し
・ただし、HIPHOPだけはダメ


とまぁ、とにかく綺麗な音楽が聴きたいと言うか何というか。
今までは低~中音域に重点を置く音楽が多かったから、ここらで高音域もある音楽が欲しくなってきたというか。
うん、余計にわかりにくくなったな。

とりあえず参考程度にYoutubeから自分が好きな曲をいくつか適当に置いておきます。
音源はなるだけライブよりも、PVやCDのものを優先。
アニメとかゲームとか全然関係ないのも混じってるのは音源がそれしか無かったため。
一応その動画に使われているBGMはちゃんとしたものです。



Nightwish - "Stargazers"

フィンランドのバンドです。オペラティックメタルとでも言うべきか。
イントロで一撃でノックアウトされました。
今はヴォーカルが交代して、オペラでは無く普通のフィメールメタルになってます。


Asriel - "夢纏の繭"

日本の同人サークルさんらしい。
シンフォニックなストリングスに、アップテンポで裏打ちスネアがたまらない。
自主制作なのであまりお金はかけられないんだろうけど、十分すぎるクオリティ。
ちなみに動画の内容は全く関係ありません。


THERION - "Blood of Kingu"

スウェーデンのバンドです。
アルバム1作に190人以上ものミュージシャンが参加するなど、無茶やってます。
サビのクワイアが非常に美しい。サビ前の怪しげなフレーズも印象的。
例の如くアニメは関係ありません…というか、なんのアニメだろう。


MALICE MIZER - "月下の夜想曲"

巫月に借りたCDを流して聴いてたときに「おっ」と思った曲。
なんで「おっ」と思ったのかは自分でもわからないが、
とにかく「おっ」と思い、これ良いじゃんと感じたのは確か。


陰陽座 - "甲賀忍法帖"

日本の妖怪ヘヴィメタルバンド。
和製メタルじゃなくて、和風メタル。ある意味では本当の意味でのジャパメタ。
と言ってもこの曲は比較的一般層向けであんまりメタルしてないですが。
それどころか、なぜか能管が入ってる。だがそれがいい。すごくいい。


Dreamtale - "The Dawn"→"Memories of Time"

フィンランドの超絶クサメタルバンド。
なんかどっかで聴いたようなフレーズだけど、思い出せない。
まさに北欧!って感じのキラキラから一転、激しくなります。
ってか、その繋ぎの部分がまんまSONATA ARCTICAの2nd。
例の如く動画は全く関係ありません。関係なさすぎる。


ってか載せたのはどれも比較的ノリの良い曲ですけれども、
別にもっとしっとりしたものでも全然OKです。
イージーリスニングやクラシックも普通に食えます。
ショパンの幻想即興曲とか、シューマンのトロイメライとか大好きですよ。


今日はギターで

どうもこんばんわ、山本です。

ついに大学の方が始まりました。
まぁ休みが長かったので、そろそろ行きたくなってきた気持ちもあったんですが。
とりあえず単位は順調に取れてるので、今学期は少しラクが出来そうです。


さて、昨日に引き続き今日はギターで遊んでみました。
と言ってもまぁ、本当に遊び程度なんですが。
今日のサンプルはこれです

サンプル

DEEP PURPLEの"Smoke on the Water"(邦題:湖上の煙)の有名なギターリフです。
昨日と違って今回は正真正銘の生演奏。


( ゚Д゚) 下手なのはわかってるからいちいち突っ込むんじゃねぇ!!


ちなみに、このサンプルのために60回も録り直しをしたというエピソードが。
というのも、自分はピックが上手く扱えません。ベースも指弾き専門です。
何度チャレンジしても満足できるものが録れず、結局指でやったわけです。
ちなみにこれの譜面は

3弦 |--3-5---|-3-65---|--3-5--3|--------|
4弦 |5-3-5--5|-3-65---|5-3-5--3|-5------|
5弦 |5------5|--------|5-------|-5------|

ん~こんな感じ?ちょっと正確にはわからんですが。
タブ譜の書き方自体あまり知らないし。

345弦をバレーして、あとは手を上下させるだけの簡単なフレーズではありますが、
それでも自分はピックで2本の弦を弾くというのが出来なかったわけで。
1本しか弾かなかったり、勢い余って隣の弦まで弾いてしまったり。
うまく弾けたと思ったらリズムがメチャクチャだったり。

え?アップしてあるヤツもメチャクチャだって?やかましいわ!

で、結局人差し指と親指で2本の弦をつまみ上げるようにして弾いたわけです。
これなら間違えて他の弦を弾いてしまうこともないしね。
まぁおかげでなんかハッキリしない弱々しい音になってますが。


で、これをDTMの知識でちょっといじくってみたのがこっち。

サンプル2

おお、なんかそれっぽい音になったぞ。
え、どこがって?やかましいわ!


まぁなにが言いたかったかっていうと

DTMっておもしろいNE!

ほんとそれだけなんですが


MSN (´;ω;`)

どうもこんばんわ、山本です。

いつもと同じようにパソコン付けて、メッセンジャー起動。
するとこんな画面が。

Image3.png

ダウンロードできます。
いや、しないけどさ…。新しいメッセンジャー使いにくいし。

当然いいえを選択


・・・

・・・・・・・


ログインできねぇ('A`)


どうやらこのプログラムをインストールしないとダメらしい。
どういうことだとMSNのホームページにアクセスしてみる。
何やら、メッセンジャーに脆弱性が見つかったらしい。
で、それには自分の使っている MSN Messenger 7.5 も含まれているそうで、更新プログラムを入れないとダメらしい。
なるほど、じゃあセキュリティホールを塞ぐだけで中身は変わらないのかな。
ってわけで、更新プログラムとやらをダウンロードし、早速実行してみる。



Windows Live Messenger セットアップウィザードが開いた



結局それかよおおおおおおおおおおおおおおおおおおお



これを入れないとメッセにログインすら出来ないので、泣く泣くインストール。
案の定使いにくい。全体的に色が淡くなっていて見づらい。
そして最大の問題点が、重い。そして不安定。
メッセージ打ってる間に突然フリーズしたりする。
しかもそれぞれの効果音が変。違和感ありまくり。

ずっと愛用し続けていたMSN Messenger7.5との突然の別れ。
今回は小さな出来事ですが、人生いつ何が起こるかわからないという教訓ですね。



さて、話題は変わりますが
パソコンでのレコーディング周りをちょっと色々いじってみました。
とりあえず、ギターやヴォーカルなんかは一応録音出来るようになった。
ってか、ヴォーカル録音がおもしろすぎる件について。
せっかくなんで、自分が歌ったものを形としてアップしておきます。

さんぷる(音量注意)

ん、著作権?(;´∀`)
容量の都合でサビの一部分しか載せません。演奏もありません。
ってかどうせフルバージョンなんて需要無いっしょ。

なんでこの曲かって言うとまぁ、iTunesのわかりやすいところにあったからです。
さぁ一体なんの曲でしょうかね。
音痴すぎてわからないとか言うと泣くのでやめましょう。
生声が聴けると思った人は残念でした。


そういえば、今日ないとまんから教わったんですけども、世の中には

こんなもの

があるらしいですね。発売したのは1ヶ月くらい前だそうです。
クリプトンと言ったら、そりゃもう本格的な一流の企業ですよ。
所謂、Text to Speachのように、打った文字を話してくれるわけです。
で、それに音程だとか発音だとかもいじれるようにしたのがこれなんですね。
(実際に使ったわけじゃないので、あくまでこういうものだろうという推測です)
まぁ確かに、パッと見た感じだと

「うげ、なんのギャルゲーだよ!」

とか思ってしまうわけですが(自分がそうでした)、
技術的にはこれスゴイですよ。いやマジで。
よーするに、人の声をMIDIみたいに打ち込めるわけじゃないですか。
もちろん生の声に比べると色々と劣る面はあるでしょうけども、
こういうものだからこそ出来ることってのもあると思うんですね。

確かに、これはちょっと欲しい気もします。
以後も様々なバリエーションの発売が予定されているそうですけれども、
とりあえずどれもこういったバーチャルアイドル系のものになるようです。
どうせなら、デーモン小暮閣下バージョンも作ってもらえるとありがたいんですが。



CDの話題しかない

どうもこんばんわ、山本です。

そういえば安倍さんが最後の大勝負に出たそうで、
職を賭して問題に取り組むそうです。
むぅ、まさに背水の陣、追い詰められた鼠ってヤツですね。


…え、辞意表明?


さすがにこれはwの嫌いな自分も「ちょwwwwwwwww」と言わざるを得ません。
とは言え、別に自分は安倍さんを叩こうってわけじゃないんですけどね。
TVとかを見てると
「こいつマジで馬鹿じゃね?」
って思えるような人がいますが、果たしてそういう人が皆本当に馬鹿なのか。
そんなわけは無いと思うんですね。
小泉くんにしたって、「公人」として「私」を捨てねばならなかった場面がたくさんあったはずなんじゃないかと思います。

まぁ別に自分は安倍さんを叩く気も擁護する気もないんですけども、
「安倍は無能なボンクラ二世議員」と頭ごなしに批判しているだけのような人種とは違う観点で物事を見ていきたいなぁとは思ってます。
あくまで何も考えずにそういうことを言う人がアレってだけで、安倍反対派が嫌いってわけじゃないので誤解無きよう。



そういえば暇潰しに「ダイの大冒険」を読んでたのですが、やっぱこの漫画は面白いですね。
この手のお話の元祖とも言えるドラクエを題材にした作品ですが、見事に成功させてます。
確かにご都合主義的な場面が多く、死んだと思ったキャラクターが後になって
「その設定、絶対後付けだろ!」
と言いたくなるような復活を遂げたりするのですが、不思議と受け入れられる。
それも恐らく、個々のキャラクターの魅力が大きすぎるからじゃないでしょうか。
自分にとってはアバン先生とかその典型ですね。
「都合が良すぎる」「無理がある」と思えても、それでも復活して欲しいと願わずにはいられない。
魅力的なキャラが多すぎる中で、ザボエラの存在も秀逸。

あと、自分は基本的に画風とか絵の上手下手はあまり気にしないのですが、
この作品は線がしっかりしていて読みやすいですね。何がどうなってるのかすぐわかる。


そういえばチェックしてなかったんですが、GALNERYUSがちょっと路線変更?したようで、
バンド初のシングルを出し、さらにその内容もこれまたバンド初の日本語詩。
やはりこれは一般層へのアピールも意識してのことなんでしょう。
それについて賛否両論のようですが、別に自分は日本語でも英語でもいいって感じです。
さすがにスペイン語とかロシア語とかで歌われると単語すらわからないのでアレですが。

この手の音楽は、X JAPAN、聖飢魔II、SEX MACHINEGUNS、陰陽座あたりが知名度が高いと思いますが、
どれも多かれ少なかれビジュアル系、イロモノ系的な要素を含んでいます。
そうじゃないバンドはまともに活動していくことすら困難なのが現状。
GALNERYUSはまさに一片の希望とも言える存在なわけで、頑張って欲しいです。
まぁ、世間に認められた頃にはすっかり売れ線バンドになってしまっているなんてこともよくある話ではあるのですが。


ちなみにこれがそのシングル「EVERLASTING」です。



さすがにYoutubeだと音質が悪いですね。
この手の音楽がこんな情報化社会でもウケないのはそういうのもあるかもね。
曲の大半が歌になるものは音質をある程度無視して勝負できますが、
演奏のウェイトが大きいものは、音質のちょっとした劣化が致命傷になりかねません。
というか自分が今そう感じてます。この音だったら好きにならなかっただろうと。



---------------------------追記----------------------------------

油断した。また例のセッション保存時間エラーが出た。
力作であればあるほど遭遇しやすくなるこの症状。マジ何とかしてもらいたいですね。
でも、こうして無事に投稿できました。
とりあえず他の人の参考になればと、状況だけ書いておきます。


1.記事を書き終えて投稿する
2.ログインしろ!と言われる
3.落ち着いて新しい窓を作って管理画面を開き、ログイン作業を行う
4.記事を投稿した方の窓に戻り、ブラウザで一つ前のページに戻る
5.記事作成画面に戻る…が、なんか記事の内容が古い
6.そのままブラウザで一つ先のページへ進む
7.なんか有効期限切れとか出てるけど、構わず更新ボタンを押す
8.記事投稿完了画面が出て一件落着 \(^o^)/


意味不明

どうもこんばんわ。

今日はラルクのシングルスを買ってきたのでそのレビューを書いて先ほど投稿したんですが…。
投稿画面を押すといきなりログイン画面に飛ばされ、
IDとパスワードを打ち込んだら今度はなぜか新着記事作成画面に飛ばされ、

「あれ?さっきの記事は?」

はい、消えてました。さすがにこれは「死ね!」と言わざるを得ない。
いちいち曲の細かい感想とか書き込んでたんだけど、もう記憶を頼りに適当にやる。

【01 Blurry Eyes】
ラルクってこんな曲やってるのか?と肩透かしを食らう北欧的キラキラサウンド。
だけどキラーチューンと言うほどのインパクトはなし。まぁ無難な曲かな。

【02 flower】
すごくポップでキャッチー。
要所に入る女性コーラスがいいね。売れセンっぽいけど、結構気に入った。

【03 Lies and Truth】
忘れた。確か印象的なベースラインと、裏声を巧みに使っていた曲だと思う。
別に気に入ったわけじゃないけど、カラオケで歌ってみたいとは思った。

【04 虹】
バンド名を冠した代表曲。だけどまったく良いと思わなかった。退屈。

【05 winter fall】
ポップな曲。うん、ポップだね。

【06 DIVE TO BLUE】
まさに青空に飛び込むような爽快感のある曲で、今回一番のお気に入り。
でも、よ~く見ると多分これ飛び降り自殺の曲と思われ。そんな爽快感は嫌だなぁ。

【07 HONEY】
ん~どんな曲だっけ。
前曲の解釈をしていたせいもあってか、あまり印象に残らなかった。

【08 HEAVEN\'S DRIVE】
おぉ、こんな曲もできるんじゃないか。
すごく攻撃的な印象を受けるロックチューン。

【09 Pieces】
ポップでありがち。そんなバラード。いや、決して悪くはないと思うよ。

【10 Driver\'s High】
疾走ってわけじゃないけど、確かにドライブしてる感じがする。
海岸沿いを70km/hくらいで走ってる感じ。

【11 NEO UNIVERSE】
んんん、なんか微妙だぞ?これはいかんな!
シンセ、エフェクトが大活躍。悪くはないと思うんだけどなぁ。

【12 STAY AWAY】
出だしからはっちゃけてる。けど聴いてる内にマンネリ気味に。

【13 Anemone】
ほんとに同じグループの曲か?ってくらい今までと印象が違うバラード。
それ以外のことは忘れた。


はい、やっつけ仕事ですね。

個人的には 02 flower、06 DIVE TO BLUE が良かったですね。
次点で 08 HEAVEN\'S DRIVE、10 Driver\'s High ってかんじ。
まぁ何度か聴けば印象も変わるでしょう。
2周目を聴く予定は今のところ未定ですが。

ただ、1550円は高かったかな…。

Time to be free

どうもこんばんわ、山本です。


巫月と遊びに行ったんですが、そんときに付き添いでタワレコに行きました。
自分は特別何か欲しいモノがあったわけじゃないのでブラブラしてたんですが、
試聴コーナーにて、アンドレ・マトスのソロバンドであるANDRE MATOSの新作「Time to be free」を発見。
早速試聴してみる。

ヘッドホンの奥から、心地良いクラシカルなフレーズが流れ込んでくる。
少しずつ盛り上がりを見せつつ、#2へと突入。
楽器群は静まりかえり、そこで刻まれるハイハットが緊張感を煽る。
そして一気に疾走悶絶パートへ突入するというお約束と言えばお約束の流れなんだけども、
やはりこれはロックだけでなくクラシックにも精通した彼ならでは。
何というか、マトス節炸裂。テラマトス。


試聴コーナーに長居するのもアレだし、何よりこの時点で決意は固まっていたので、
陳列されていたCDを一枚手にとってレジへ。
いやぁ、試聴した分だけでも悶絶したよ。こりゃ買うしかないっしょー。
どうにもうまく耳にはまらないヘッドホンを両手で固定していなかったら、その場でガッツポーズしてたところだよ。
それにしても、この手の音楽でナイスなのを見つけると何故かガッツポーズしたくなったり、笑い出したくなるから不思議だなぁ。


まぁそんなわけで、買ってきたわけです。
で、今聴いてる最中です。
ん~なんというか、全体的にとてもジャーマン的な感じがする。
まぁジャーマンメタルも大好物な自分は大歓迎なんですけども。
ん~、どっちかと言うとメロディアスハードロックって言った方が近いかなぁ。
ちょっとそういうジャンル分けに関してはよくわかりませんけども。
元々マトス自身がヘヴィーメタル一本の人じゃないってこともあって、
十分一般人にも受け入れられるような内容だと思います。
特に自分のようなメロディアスでクラシカル、さらに疾走感ある音楽が好きな人にはたまらないはず。
中でも、#1Menuett → #2Letting go の流れは必聴っすね。

いやー良い買い物したなぁ

 | HOME | 

 プロフィール

全手動洗濯機

Author:全手動洗濯機

チラシの裏です。ゲームしたり、卓球したり。


 カテゴリ


 ブログ内検索


 あくせすかうんた

2007年1月19日からカウント

 カレンダー&月別表示

| 2007年09月 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


 最近のコメント

データ取得中...

 リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。