FC2ブログ

愛しの同人音楽特集

前回の記事でちょっとミスってしまいまして・・・。
特集組もうと思ったけれど音源が集まらないのでボツになった企画ですが、
見事にタイトルを変え忘れていました。

ってわけで、そのお詫びも兼ねてもう一度ここで音源を集めて特集記事を書いてみます。
同人音楽の魅力は何と言っても、その値段の安さ。そして各々が本当にやりたいことをやっている点でしょう。
まぁつまるところインディーズですよね。
ちなみに自分はこの手の音楽に関してはミーハーもいいとこで、有名どころしか知りません。
何かオススメありましたら、ぜひとも教えてくださいな。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【Lacroix Despheres 】
ラクロワ・デスフェールと読むらしい。
音楽性はもちろん、見た目やら名前の読みにくさからして、Moi Dix Moisの影響が濃い感じ。
ヴォーカルが男女の2人組で、やろうとしてることはディ・モールト良いんですが、ややヴォーカルがチープに感じてしまう部分も。
なんだかんだで自分も試聴しただけで、CDは持ってないんですけどね(おぃ)。いや・・・お金無くて・・・。
今後にすごく期待しております。

"La vérité fermée"


"Fiore"


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【六弦アリス】
ここでもしつこい程取り上げてるので、今更って感じではありますが、やはりここを紹介しないわけにはいかない。
多分、同人音楽の世界でも最も注目されてる株なんじゃないかなーと思います。
どこかJanne Da Arc的な楽曲に、鼻が詰まったような女性ヴォーカルが乗ります。
音源が見当たらなくて、ここではややシンフォニックでメロスピ的な曲しか紹介出来ません。

"紅蓮の少女~その名を呼ぶは死神なり~"


"君がいなくなる日"


"月影カーニバル"


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【my sound life】
「切なさキラキラロック」ウリにする3人組ユニット。
ヴォーカルの茶太はこの世界でも有名な人なので、ご存じの方も多いのではないだろうか。
この人はウィスパーヴォイスがウリだと思ってたんだけど、ここではフツーに歌ってますね。

"闇雨"


"夏祭り"


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【Queen of Wand】
シンフォニックでゴシカルな雰囲気の楽曲が多い・・・と思ったら、新作"狐の社"では和の要素全開と、
何とも掴み所のないユニット。

"幻影孤城暗黒紳士 "


"ほたる かぞえうた"


"背徳のススメ(魂の弁護人編)"


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【Dragon Guardian】
ついにでた!ドラゴンガーディアン!!
あまりにもクサいので、部屋で聴いてて笑いが止まらなかった思い出がある。
2ndは普通に高クオリティ。1stは絶対神。
ちなみに"神話"が2ndより、"魔法の書"が1stより。

"神話"


"魔法の書"


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【403】
FLASH作品、"Nightmare City"に使われた楽曲が特に有名です。
かつてコミックマーケットに参加するも、本人もファンもコミケのルールがよくわかってなくて、
色々と問題を起こしてしまったそうな。詳しくはよく知りませんが・・・。

"Southern Cross"


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【MinstreliX】
巷では有名なクサメタルバンド。特にこの一曲はすごく有名です。
というか自分はこれしか知らない!
最近、ニューアルバムをリリースしたらしいです。お金があったら買いたいんだけれども。

"Thirst for..."


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【夜姫と熊猫】
最初に聞いたときは、あまりにもジャンヌしてて噴いた。
"God knows...."のアレンジを公開したことでも一部で有名らしいです。
ここでも紹介しますけどね。

"Godspel"


"God knows...."


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【Axcalibur】
この一曲で某掲示板のスレを2つ消費させ、HR/HMの世界では半ば伝説となったバンド。
自分が知ってる音源はこの一曲しかない。ってか他にあるのか?
しかし、音楽の楽しさというのはこういうところにあるのだ。本当に楽しそうですね。

"Knights will follow"


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-----------------以下、東方アレンジ-----------------

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【Unlucky Morpheus】
基本的に自分は東方ヴォーカルアレンジは嫌いです。アレはヴォーカル付けていいもんじゃない。
しかし、今のところ唯一の例外がこれ。
楽曲の完成度はもちろんのこと、それを見事に歌いこなすパワフルな超実力派ヴォーカル。
ここまでくれば東方アレンジだとかはヌキで、純粋に高クオリティな楽曲として楽しめます。

"THE TOWER OF THE BLOOD(亡き王女の為のセプテット)"


"FAITH(Instrumental) ~ 木葉天狗"


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【紅薙旅人】
自分は東方トランスアレンジが苦手です。なんであんなもんが堂々と市民権得てるのか理解出来ない。
しかし、その中でもこの人が作った2曲だけは例外です。
美しいフレージング、そして美麗な展開。って、さっきと同じ流れかよ。
同じフレーズを繰り返すけだるさ、単調なリズム、緊張感の無い展開、どうも好きになれないジャンルなんですよね。
まぁトランスというのはあくまでも人を気持ちよくさせるきっかけになるもので、
あくまで主役は曲ではなくて人だという、そういう根本的な価値観の違いがあるのかもしれませんけどね。

"おてんば恋娘"


"ボーダーオブライフ"


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【鼓太蝋】
元々はC-CLAYSというところに楽曲を提供してた人で、
どんどん出番が減ったと思ったら独立したっぽい。
かなり原曲と構成が変わっていますが、ピアノの使い方が何とも自分好みです。ピアノメタル!

"少女幻葬 ~ Necro-Fantasy"


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【IRON ATTACK!】
昔はそれなりにマイナーな感じで、東方ファンというよりはHR/HMファンに認知されてるって感じだったんですが、
最近では一気に知名度を上げてきて、普通の東方ファンにも広く知られるようになったような気がします。
まぁ実力から言って当たり前と言えば当たり前なんですが。

"Deadly Drive(原題:死体旅行)"


"Demon Eraser(原題:恋色マスタースパーク)"


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【ユーフルカ】
桜庭統や伊藤賢治に影響を受けたとするDTMメタル音楽家。
個人サイトではオリジナルだけでなくアレンジものの楽曲も公開しておられます。
その中で最近、"幽雅に咲かせ墨染の桜"が投票で1位(2位だっけ?)になり、晴れて彼流にアレンジされるに至りました。

"幽雅に咲かせ、墨染め桜~Fall Into Oblivion~"


"黄昏の橋上決戦(原曲:ビッグブリッヂの死闘)"


"四魔貴族バトル1 ライブ風アレンジ(原曲:四魔貴族バトル1)"
スポンサーサイト



わすれっぽい

どうもこんばんわ、山本です。

先日参加した某社の説明会で、同じ高校の同級生に出会いました。
まぁ高校時代は特別仲が良かったわけでもなく、名前も知らず、顔は知ってるって程度だったんですけどね。
でもやっぱり親近感が湧くものです。
ましてやうちの高校ってほとんどが卒業後に就職してるから、まずこういう場で会うことはないんですよね。
もうまさかまさかですよ。何とも奇遇なことです。


さて、ちょっくらWii版のピクミンを買ってきました。なんか突然やりたくなりまして。
ただの移植版ということなのか、新品で3000円と大変お安かったです。
まぁアマゾンで買えば2000円なんだけど、すぐにやりたかったからもう近くの店で買ってきました。
確か家にGC版があったはずなんだけど、誰かに貸したっきりどっかへ行ってしまったようで。

操作は全てWiiリモコンになっておりまして、GCコントローラは使えない仕様になっています。
しかしこれがなかなか良い感じで、コントローラよりもかなり快適です。
GCではポインタが固定だったのに対して、Wii版はリモコンで自由に動かせるので操作性も大きく向上してます。
ただ、その分だけ難易度はちょっと下がってるか・・・?
逆に手を動かすとリモコンに釣られてポインタが振れるので、1カ所に固定しておけないという欠点もありますけどね。
でもこれはWiiに移植して正解だったんじゃないかなと思いますよ。すごく遊びやすい。

で、面白かったもんで調子に乗ってやってたらクリアしてしまった。
全パーツ集めるのにかかった時間は26日。
操作もほぼ覚えたし、色々とコツなんかもわかったので次はかなり短縮出来るだろうと思う。
まぁ2回目をやるのがいつになるやらわかりませんが。
そのうちまたピクミン2もやりたいですね。


で、本日はまた説明会だったんですが、朝コタツを付けっぱなしで出かけてしまったようです。
帰宅後に親に注意されて、「切るの忘れてたー!」と気付いたわけです。
と言ってもまぁ、そういうことは別に珍しいことではないんですが・・・。
自分はとにかくよく忘れます。うっかりします。あれ、なんだったっけ?みたいな。
親からはよく
「お前は学習障害か何かの気があるんじゃないか。」
と言われたりもします。まぁそりゃ冗談で言ってるんですけれどね。
自分もハハハと笑って済ませてますが、正直言って半分笑えないとも思っています。
本当にすぐ忘れるんです。
特に、人の話を聞くのがとても苦手です。
「相手が何を言っているのかはわかる。しかし、何を言っていたのかはわからない。」
そのときは確かに理解してるんですが、後になるとさっぱり思い出せなかったりするんですね。
無理矢理それを覚えておこうとすると、余裕がなくなって現在話してることがわからなくなってしまいます。
まぁ、何でもない日常会話のレベルであれば特に問題はないんですけれども、
ちょっとややこしい話だとか、あとは授業とか、そういう場面では大いに支障をきたしますね。
単純に忘れっぽい性格なんだなーとも思いますが、周囲と比べるとかなりその傾向が顕著だとは自覚しています。
多分、脳内メモリの容量が極端に少ないんでしょうね。新しい情報が入るとすぐに書き換えられてしまう。
だから、論理的に、順序立ててといった思考がとても苦手です。さっきまでのことを忘れてしまうわけですから。
ノートとか、パソコンとかにログを記録してあれば問題ないんですけどね。忘れてもすぐに読み返せますから。


それにしても自分、人からはよく
「お前はあんまり悩み事とか無さそうだよなー。」
とか言われるんですけれど、どうなんでしょう。
自分では、どちらかと言うと悩みが多い方だと思っているんですけれども。
ただ、あんまりそういうのは表に出したくないとも思っています。人に相談するってのは本当に最終手段です。
まぁ、「この問題どうやって解くんよー?」とかそういう悩みはどんどん人に相談したりしますけれど。
生き方とかそういうのに関する悩みは本当に外に出さないですね。
だから悩みの無い人間だと言われるのか。
抱え込んでも自分で処理しきれないのはわかるけど、でもやっぱりなかなか人に相談ってのは出来ないものです。
結局それでは溜まっていく一方なんでしょうけれど、まぁなんだかんだでまだ限界ではなさそうですしね。
心を病むとか、自我が崩壊するとか、そういう段階になるのは当分先の話だと思います。
ほんとにそういう病気になってしまった人に比べれば余裕があるわけですから、まだまだいけますよ。

なんか自分は特別みたいな言い方していますけれども、
実際のところ、これくらいのことは誰でも感じていることですよね。
基本的に、他人というのは幸せそうに見えるもんです。
もちろん見るからに不幸そうな人もいれば、どれだけ低く見積もってもハッピーそうな人もいますので、一概には言えませんが。
まぁとりあえず、他人は幸せそうに見えるものです。みんな幸せそうに見えるだけです。





 | HOME | 

 プロフィール

全手動洗濯機

Author:全手動洗濯機

チラシの裏です。ゲームしたり、卓球したり。


 カテゴリ


 ブログ内検索


 あくせすかうんた

2007年1月19日からカウント

 カレンダー&月別表示

| 2009年03月 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


 最近のコメント

データ取得中...

 リンク