FC2ブログ

ニコニコ神曲巡り Vol.01

どうもこんばんは、山本です。

自分はよくニコニコ動画を利用しますけれども、最近はエコノミーがとにかく多いですね。
休日なんかですと、ほぼ終日エコノミー状態というのも当たり前になっています。
やはり、急激なユーザーの増加に設備の増強が追いついていないのでしょうね。
なんだかんだで赤字らしいですし、そんな余裕ないですよね。
しかしプレミアム会員だと専用の回線が用意され、エコノミーとも無縁の快適な環境で見られるのだそうで。
料金はWebMoney支払いだと90日で1680円。
こうやって聞くと高そうに見えるんですけれども、一日あたりで換算すればわずか20円足らず。
そう考えると安いような気もする。まぁ結局WebMoneyは2000円分買うことになるんだけども。

ってわけで、プレミアム会員になりました。
特別回線以外にも色々と特典があるんですけれども、正直自分は「見てるだけ~」な人なので、
コメントで特別な色が使えたりっていうのはあまり関係なかったりする。
だけどまぁ、これだけで1ヶ月500円の価値は十分あるでしょう。


で、エコノミーから解放されたってわけでちょっとタグを使って神曲巡りしてきたんですけれども、
結構自分の琴線に触れるようなナイスな曲も見つかった。
さすが、これだけの利用者がいて、これだけの曲が上がってれば、良い曲もそれだけありますわな。
そんなわけで、とりあえず聴いてみて「おっ?」と思ったものをマイリストにぶちこんでおきました。

mylist/12292429

今回は「神曲」タグが付けられている動画を「マイリストが多い順」でソートして順番に聴いてたんですが、
主にアニソン系と呼ばれるようなジャンルの曲が多くなりました。
というか、検索結果で出てきたものからJ-POPを除くとほとんどがそういうジャンルの曲だった。
どれだけファンの多い業界であるかが伺い知れます。
逆にアンチも多いですが、自分は聴いてみて良ければアニソンでも何でも全く問題ない。まずは曲ありき。

で、この中で特に気に入ったもは音声化してPCへ。

"Snow Goose Long Version" by 泉陸奥彦
"霧の向こうに繋がる世界" by 霜月はるか†Revo
"ノーザン・クロス" by シェリル・ノーム starring May'n
"Paradise Lost" by 茅原実里
"Disored Pain" by 電気式華憐音楽集団
"光の螺旋律" by kukui (霜月はるか&myu)
"ゼロの調律" by 天野月子
"空色デイズ" by 中川翔子
"phosphorus" by eufonius
"レクイエム" by 彩月
"魂の慟哭" by 片霧烈火&霜月はるか
"Vampire" by 電気式華憐音楽集団
"sprinter" by Kalafina
"Engage" by ザ・蟹
"Joint" by 川田まみ
"約束" by FictionJunction YUUKA
"恋獄" by 霜月はるか

泉陸奥彦は、コナミの音ゲーに楽曲を提供してる人らしい。
あさきみたいなポジションか?あっちの月光蝶にも確かロングバージョンってあったよね。
いやー、コナミさんは本当に良い仕事人をお持ちで。

異様に名前がよく出てくる霜月はるかという人。結構色々なところに出没するらしい。
サンホラとコラボした"霧の向こうに繋がる世界"や、サビが「メイドと血の懐中時計」にソックリな"魂の慟哭"が特に良いと感じたけれど、
本人としてはむしろしっとりとした曲を書くことが多いっぽい。確かに、そういったジャンルの方が向いてる声質だよね。
そっちの方も興味があるので、また機会があればチェックしてみようと思う。

電気式華憐音楽集団、人呼んでデンカレ。
以前に他の楽曲を聴いたときはあまり良い印象はなかったけど、結構良いじゃないの。どうやらそのときの曲はハズレだったらしい。
よくメロスパーにはアニヲタが多いと言われてるけれど、なるほどこういうことかと納得である。
メロスピバンドによくあるヘナチョコVoをさらにへちょくした感じのアニソン系女性Voが良い感じにマッチしている。
驚いたことに、このユニットはこれまでに一枚もCDを出してないそうな。

で、ここにあるFictionJunction YUUKAとKalafina、どちらも梶浦由記というソングライターが絡んでいるらしい。
FictionJunctionというのが彼女自身のプロジェクトで、歌手の南里侑香とコラボしたのがFictionJunction YUUKAらしい。
Kalafinaは「空の境界」という劇場アニメの主題歌のために結成されたユニットとのこと。
そういえば高校の部活で友達がそんな名前のゲームを絶賛してたが、よく考えるとそっちは「空の軌跡」だった。
この人もちょっと興味があるので、またチェックしておこうと思う。

そして、ここに来てまさかのしょこたん。ってかこの人CD出してたなんて知らなかった。
オタク趣味に理解を示す人に悪い人はいないということで、自分の中ではそれなりに印象の良い人である。
この人ならきっとよくあるつまらないJ-POPより、ややオタク向けの曲をやるんじゃないだろうか。
と思って聴いてみたら、、アニソンにも通じるクサメロを擁した良い曲だった。
・・・んで調べてみたところ、どうやら本当にアニメに使われてたらしい。なるほど、どーりでそんな印象を受けるわけだ。

その他。
茅原実里に関しては、これまでにも2枚のアルバムを聴いて実力を知ってるので、今更驚きはナシ。
天野月子はこれまでにもいくつかCDを聴いて、「決して悪くはないけど、ツボにハマるほどでもない」という印象だった。
今回もそんな感じで、確かにとても良いんだけどマイベストソングの一つに入るにはちょっと遠い。

"phosphorus"は、「神曲奏界ポリフォニカ」といういかにも期待出来そうなタイトルのアニメの主題歌。
主題歌だけじゃなく、作品内の音楽にも興味があるところ。どっかでサントラを入手出来ればいいんだけども。
"Engage"は「戦闘妖精・雪風」というアニメの主題歌らしい。
アニメのタイトルを見て、雪風という少女が敵と戦う的な、小さな女の子から大きな男の子まで幅広く人気の出そうなアニメかと思ったんだけど、
調べてみた感じ全然そうじゃなくて、むしろ戦闘機モノらしい。原作は漫画だそうな。
"Joint"は「灼眼のシャナ」というアニメ作品の主題歌だそうな。自分もタイトルだけは聞いたことがある。
川田まみはI'veの一員で、まみブラートと呼ばれる独特のビブラートが特徴とのこと。この人の歌、結構好きかも。


とまぁ、ここまで色々な曲を紹介してきたけど、特にヤバかったのはこれだろう。



MOTHER2のメドレーアレンジ。
ヘッドホンで聴いてたんだけども、4分30秒を超えたあたりで (´;ω;`)ブワッ
そして9分のあたりからコメントが入って、曲が来た瞬間に (´;ω;`)ブワッ
13分30秒あたり、あの曲が来てまた (´;ω;`)ブワッ
18分の大作であるにも関わらず、全くだれることなく終始泣きながら聴き通せた。 (´;ω;`)ブワッ

この作品が投稿されたのが2008年の3月7日。1年以上も前になる。
過去には1位にもなってるらしいのに、なんで今まで見てなかったんだろうかと。
いやー、本当に良かった。まだ見てないMOTHERファンがいたら絶対見た方がいいよ!


あとこれを紹介してしまったあとだとちょっとアレかもしれないけど、
こっちのライブアライブの戦闘アレンジメドレーも素晴らしかったです。




結果として、プレミアム登録のために支払った金なんか比べものにならないほどの素晴らしい収穫でした。
スポンサーサイト



 | HOME | 

 プロフィール

全手動洗濯機

Author:全手動洗濯機

チラシの裏です。ゲームしたり、卓球したり。


 カテゴリ


 ブログ内検索


 あくせすかうんた

2007年1月19日からカウント

 カレンダー&月別表示

| 2009年05月 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


 最近のコメント

データ取得中...

 リンク