スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリオテニス64世代の白猫テニス攻略 -ダブルスの基本(前衛編)-

ダブルスで前衛をやる場合の心構えなどです。
前衛編、後衛編、中衛編の予定。


【ポジション取りについて】
どの深さで構えるか、大きく3通りあります。
実際には状況を見て常に切り替えるわけですが、
どの位置をベースに考えるかです。

■ネット際に構える
コースを突いた厳しいボレーを打ちやすいです。
非常に攻撃的なポジション取りで、相手に与えるプレッシャーが大きい。
一方で横を抜かれやすくなること、ロブに追いつくことが困難であることから、
後衛の負担が大きくなりやすいです。
また、相手の逆サイドからの鋭角ボレーは少し下がらないと取れないので注意。

■ネットとサービスラインの間に構える
チャンスの場合は前に出てボレーを狙い、
ロブやSSが来る時には後ろに下がるといったバランスの良いプレーがしやすいです。
相手のボレーを最も拾いやすい位置でもあります。
一方で、そのままの位置では中途半端なボレーしか打てず何の貢献にもならないため、
常にベストな位置取りを意識する必要があります。

■サービスライン付近に構える
スライスとボレーの切り替えが容易で、豊富な球種の使い分けが可能です。
ロブに対する処理も容易で、安定したプレーが可能です。
相手のカウンターボレーが強く、ボレー合戦で勝てない場合もこの位置が適しています。
一方で、しっかり前に出なければ決定打になるようなボレーは打てず、
チャンスとみた場合には思い切って前進することを心掛けなければジリ貧になりがちです。


【向いているキャラクター】
必要な要素としては
・スピード値の高さ
・テクニック値の高さ
・スイングエリアの広さ
となります。

スピードがあるほどロブに追いつきやすく、ポーチに出た場合もボールに追いつきやすいです。
テクニックがあるほどボレーの速さとダメージが上がります。
スイングエリアが広ければボレーで捉えられる範囲が広がる上、ボレー合戦にも勝ちやすいです。

現状では、リリカ・シャナオウ・エクセリアあたりが本命でしょうか。
次いで、フランやミゼリ等のテクニックタイプとカモメやミレイユ等のスピードタイプと思われます。
しっかりスピードを上げているならスタミナタイプも有力な選択肢です。


【基本的なテクニックについて】
覚えておくべきなのは大体こんな感じ。

■鋭角ボレー(仮)
ネット際からボレーを放つことで、角度の付いたボレーを打てます。
前に出るほど鋭い角度で打つことが可能です。
逆サイドのスペースが空いているときに使いましょう。

■ストップボレー(仮)
球足の伸びないボレーです。
相手が追いつく前にツーバウンドさせましょう。
打つためのポイントは、
「ネットにピッタリ近づき、ストレートを狙ってタイミング遅めに打つ」

■カウンターボレー(仮)
相手前衛の目の前に立ち、相手のボレーを即座にボレーで返します。
ボレーを打ったあとには一瞬の硬直があるので、
そこを狙ってコースを突いたり、相手の身体にボールを当てたりします。

■連打ボレー(仮)
前衛に構えた状態でスピードの早いSSを受けた場合、
振り遅れておおっと!してしまう可能性があります。
そこで、あらかじめボタン連打しておくと勝手に打ち返してくれます。
また、カウンターボレーを狙う場合にも有効です。
但し横を抜かれた場合はおおっと!してしまうので注意。


【意識すること】

■逆サイドは死守
自分側のサイドは絶対に抜かれないように気をつけましょう。
どうしてもボレーで決めに行こうとするとコート真ん中に出ていってしまいがちですが、
ここを抜かれてしまうと後衛もフォローが出来ずに失点に繋がる可能性大です。
何よりここを固めるのが一番大事。無理に決めに行く必要はありません。


■自分側に来たロブの処理について
ロブを見たら急いで下がり、スマッシュを狙います。
但し、ネット際にいる位置からだと厳しいです。

後衛がそこそこスピードのあるキャラクターなら、
追いつけなくてもフォローしてもらえる可能性が高いです。

後衛の打ったスマッシュが深く入った場合は時間的余裕があります。
相手の返球をボレーで決めにいく準備をしつつ、
ロブが来ても追いつけるような位置取りをしておくと良いでしょう。


■後ろに下がるタイミング
前衛と言っても、常に前にいればいいってものではありません。
以下に示すケースでは、後ろに下がるべきです。

・自分のスタミナがなくなった場合
ポーチに出られず、ロブにも追いつけない。そんな前衛は怖くありません。

・ペアのスタミナが半分を切った場合
ロブに追いつく自信があるならいいですが、抜けたら後衛のフォローは困難です。

・相手のSSが溜まった場合
前ではレーザー系SSに対する対処が難しいので、下がる必要があります。
(但し、エクセ等の前で処理すべきSSは例外)
ということはつまり、プレーしながら相手のSSの溜まり具合を意識しておく必要があります。


■ポーチを狙うタイミング
ポーチとは、自分とは逆のサイドに飛んだボールに走り込んでボレーを狙うことです。
ただし自分側のサイドに打たれたら抜けていくので、がむしゃらに狙ってもダメです。

・相手がバックハンドで返球した場合
球が遅いので、追いつきやすいです。

・相手が深い位置から返球した場合
球が来るまでに時間があるので、追いつきやすいです。

・スマッシュやSS等の強力な球を打った場合
相手がこちらの動きを見る余裕がなく、甘い返球が来る可能性が高いです。

・後衛がフォローしてくれる場合
前衛がポーチに出ると同時に、後衛が入れ替わるように動いてくれる場合には、
仮に自分側サイドが抜かれても後衛のフォローが間に合います。
非常にチームワークが必要なので、ペアとは事前に取り決めておく必要があるでしょう。



【ざっくりまとめ】
・無理せず自分側のサイドを固めろ!
・チャンスの場合は思い切り出ろ!
・スタミナなくなったら下がれ!
・相手のSS溜まっても下がれ!


以上です。
スポンサーサイト

 | HOME | 

 プロフィール

全手動洗濯機

Author:全手動洗濯機

チラシの裏です。ゲームしたり、卓球したり。


 カテゴリ


 ブログ内検索


 あくせすかうんた

2007年1月19日からカウント

 カレンダー&月別表示

| 2016年11月 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


 最近のコメント

データ取得中...

 リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。