スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PS3

どうもこんばんわ、山本です。

PS3買ってしまった。
PSNがこんな状況ですし、どう考えても買い時ではないと思うんですけれども、GWセールで安かった。
それによく考えると別にネットワークが無くてもいいや。
と言いつつも、PSNが復活した際には誰かフレンド登録お願いしますとか書いて見る。

とりあえずMGS4を購入、クリア。
MGSは4で完結とは聞いてたけれども、1,2,3の物語をここまで一気にまとめ上げてしまうか。
結構プレイ時間長いように思えるけど、半分以上はムービーパートだったような気がする。
それにしても演出が何かと凝ってますね。これまでシリーズを遊んできた人にはおいしい要素もちらほらと。
特にREXを操縦出来るのはすごく良かったなぁ。

でもゲーム自体がそこまで面白いかというとまた別の話で、やりこむのは無理な気がする。
BB部隊に関しては戦闘が面白くない上、それぞれ印象薄いというか、誰?というか、何?という感じだった。
MGS1のFOXHOUNDを彷彿とさせるも、させるだけで実際にはほぼ接点無し。(マンティスは面白かったけど)
世界各地の美女モデルを使っており、3分後のお楽しみモードから考えても、BB部隊の存在そのものがサービスだと思われる。
かつてFOXHOUND、デッドセル、コブラ部隊が担ってきた立場にこんなもの持ってきたらそりゃ冷めるわなっていう。
それぞれに濃厚なバックグラウンドが用意されているものの、結局は単発で終了。
なんせプレイヤーの分身であるスネークとの会話が成立してないんだから、こいつら何だったの?と言われても仕方ない。
ただ個人的には、「凄惨な過去を抱え、こうして戦場に出ている者がいる。」という事実があり、そこに何?もクソもあるかという意味の演出であるようにも思える。
そういう観点から見れば、なぜBB部隊を登場させたのか?という疑問はナンセンス。
・・・ただまぁ、ゲーム的には面白くないよね。


あと、PS3版のRAPの購入を検討中。
かれこれ去年の夏頃からもうずっとやっていないBBCS(箱○)ですが、
BBCS2の出来が良さそうで、かつPSNが復旧しそうならPS3版のBBCS&RAP買ってもいいかなぁと思ってます。
なんか噂によるとツバキが強キャラになったらしいですが・・・。
あのお手軽弱キャラぶりが好きだったんですけれども。


あと関係ないですが、「星を追う子ども」という映画を観てきました。
ネタバレしたりするとアレなので追記の形で。


半ば強引に連れられていく形でしたが、なんだかんだで悪くはなかったかなぁと思います。
アニメの絵柄が世界名劇や宮崎作品の流れを汲むものであったことも好感。
ただこういう作品は鑑賞したが最後、現実に戻れなくなるというリスクが伴うので正直観たくないなぁというか、
せめて現実帰還予備日を残した土曜日がいいなぁなんて思いつつ映画館に足を運んだわけですが、
実際にはわりとあっさりした終わり方で、後を引くものはなかったのが良かったというか、救いだったかなぁ。

今回は監督の舞台挨拶付きという、何とも豪華な内容だったのですが、
私はそもそも今まで監督の名前すら知らなかったもので、ファンに知れたらブチ殺されそうだ。
挨拶の中で「秒速みたひとー?」という来場者への質問があり、来場者のほぼ100%が手を挙げてたようで、
ウソを付いてでも手を挙げるべきか本気で迷った。結局挙げなかった。
あと監督が、日本のアニメには昔ながらと最近のやつの2種類あると言ってた。今回は昔ながらの作風にしたとのこと。
らき☆すたとかプリキュアより、小公女セーラとか魔女の宅急便の方が萌えるよね!冗談です!でも半分本気。

最後に、自分は脳内メモリが貧弱で、一回の鑑賞で全部理解するのは苦手。
・・・と弁明した上で、特に最後の展開がドタバタしててよくわからなかった。

今回の物語は"さよならを知るための旅"だったはずだけど、どういう過程で目的を果たしたんだっけ・・・。
「先生の奥さんに体乗っ取られてる間に、夢の中でシュンと再会。正式にお別れ。」
という展開があったのは認識してますが、シュンに対する未練を断ち切るような何かがあったはず。
どうも一番重要な部分を見落としてしまったっぽい。
あと結果的にシンがクラヴィスをブチ壊したけれども、それがなければ先生の目的は果たされてたのか。

最後、地上に戻ったのは明日菜だけっぽい?
上では教師が行方不明になっただので騒ぎになってたことは間違いない。

あとこの作品のタイトルに関して。なんかいまいちパッとしない感じ。
個人的には、先生の「星がないと人の孤独さを実感する」的なセリフと、明日菜の「結局寂しかった」のセリフをリンクさせて、
星がある=寂しくない だから星を追う という意味のタイトルなのかなぁ・・・という発想しか思い浮かばなかった。
なんかもっと深い意味が込められているように思えますが・・・。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hoshihika.blog4.fc2.com/tb.php/1098-b68fb9ff

«  | HOME |  »

 プロフィール

全手動洗濯機

Author:全手動洗濯機

チラシの裏です。ゲームしたり、卓球したり。


 カテゴリ


 ブログ内検索


 あくせすかうんた

2007年1月19日からカウント

 カレンダー&月別表示

| 2017年11月 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


 最近のコメント

データ取得中...

 リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。