スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリオテニス64世代の白猫テニス攻略 -ちょっとしたコツなど-

これを知ってるだけで、ある程度勝てるという類の知識を紹介します。
まとめるのが面倒だったので詰め込んだだけとも言う。
また気が向いたときに適当に書き足します。

■両手持ちの勧め
 ショット切り替えを円滑にするためには、両手持ちがオススメです。
 自分は右手でキャラクターを操作し、左手でショット切り替えを行っています。
 片手で移動と切り替えをまかなうより、間違いなく有利になります。
 (移動しながら切り替えは出来ないので、打つ瞬間にやるのが良いでしょう)

 例:スライスで相手のスマッシュを待ち、
   余裕を持って追いつけたら左手でスピンに変えつつ右手でフリック。
 例:スピンで構えていたが、相手のコースが良く「とおい!」が発生しそうな場面で、
   左手でスライスに変えつつ右手でフリック。


■はやい/おそい/Good/ジャストの使い分け
 まず、前提として・・・
  はやい・・・左サイドに飛びやすい 球速は遅い SS溜まりにくい
  おそい・・・右サイドに飛びやすい 球速は遅い SS溜まりにくい
  Good・・・スタミナ削りがやや多い 球速は普通  SS普通
  ジャスト・・・スタミナ削り多い 球速は速い SS溜まりやすい

 ざっと分けると4種類しかないのですが、そんな単純な話ではありません。
 ジャストのタイミングを50として
 0~25がはやい、
 26~49&51~74がGood、
 75~100がおそい のイメージを持っておけば、問題ないのではと思います。

 試合展開に応じて、使い分けていきたいところです。
 例えば足の遅い相手であればコースを突いてスタミナを消耗させる。
 逆に足の速い相手であればジャストを狙ってスタミナを削るなど。


■バックハンドを狙う意味
 前提として、バックハンドで打つトップスピンは球速が遅いです。
 なので、相手にバックを使わせたあとは余裕を持って動けます。
 特にボレー狙いで前に出る場合、相手がバックで返球した時を狙うとやりやすいです。


■SS対策について
 キャラ毎にスーパーショットのゲージが溜まるまでの早さは異なります。
 詳しくは時間があるときに検証してみます。
 (出所は不明ですが、まとめサイトとかに情報は上がってたと思います。)


■ダブルスでスタミナが切れた場合
 どうせ動けないので、前衛で突っ立ってた方がマシ・・・というのは大間違い。
 後ろに下がって、スライスで粘ることが基本となります。
 よほど角度の突いた球が来なければ、案外なんとかなるもんです。
 余裕で追いつけるようであれば、トップスピンに切り替えてもいいでしょう。
 
 スタミナが切れた状態はピンチであることはもちろんなのですが、
 (既に無いので)スタミナを失うことなく相手のスタミナだけを一方的に削れ、
 SSゲージだけが溜まっていくという、ある意味ではおいしい状況です。

 逆に言えば、相手にスタミナが無いからといってそっちばかり狙ってもダメってことです。
 もう一方のペアのスタミナを削りつつ、チャンスがあればスタミナ切れの相手を狙いましょう。

■障害物対策
 セリナやリリカのSSで設置される障害物。
 イレギュラーを見てから見切ることは困難を極めます。
 「当たる前にスライスで返す」が最も安全な対策です。

 リリカの場合は当たるとわかってても障害物が邪魔で移動出来ない場合がありますが。
 対策があると言ってもね。超強いSSであるのは間違いないのでね。仕方ないね。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hoshihika.blog4.fc2.com/tb.php/1160-77d1c88d

«  | HOME |  »

 プロフィール

全手動洗濯機

Author:全手動洗濯機

チラシの裏です。ゲームしたり、卓球したり。


 カテゴリ


 ブログ内検索


 あくせすかうんた

2007年1月19日からカウント

 カレンダー&月別表示

| 2017年08月 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


 最近のコメント

データ取得中...

 リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。