スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリオテニス64世代の白猫テニス攻略 -キャラタイプ別の対策-

【サーブタイプ】
怖いのはフラットサーブ。それだけ。
サーブを返したあとはボレーを狙いにくる可能性が高い。
スイングエリアは広くないし足も遅いので、油断せずに落ち着いて処理すればよい。
守備範囲が広く、スマッシュを打たれても拾いやすいスピードタイプが有効だ。

【スピードタイプ】
とにかく万能で、弱点がない。
スタミナを使わせれば勝利。SSで点を取られてもまぁ良しとする。
最も気をつけるべきは、ボレーによる得点の献上。スタミナもSSも温存されてしまう。
ボレーは逆サイドに鋭く入る傾向があるため、クロスへの打球なら決定打になりにくい。
ストロークタイプなら、スタミナ削りつつ隙あらばボレーの横を抜こう。
あるいは、相手と同じ土俵で闘えるスピードタイプも有効だ。

【テクニックタイプ】
前に寄せられるドロップは厄介だが、球速が遅いので落ち着いてジャストを狙おう。
但しドロップを返球する際、サービスラインを超えるとボレーになるので注意。
ボレーはテクニック依存のため、特にストロークタイプの場合は与えるダメージが大きく落ちる。
スライスやドロップに対し、ボレーで決定打を狙いやすいスピードタイプが有効だ。

【ストロークタイプ】
いかにスタミナを使い切らせるかが重要。
キャラパワーに自信があるなら、こちらもストロークタイプやスタミナタイプをぶつける。
中陣に構えて、こちらは動きを最小限にしつつスライスやボレーで揺さぶりをかけるのも有効。
足がそこまで速くなくスイングエリアも狭いので、焦らせればミスショットを誘えるかもしれない。
そのためにはスピードタイプが有効だ。

【スタミナタイプ】
キャラパワー次第な部分が大きい。
どのタイプのキャラクターで闘っても良いが、
与えられるダメージが少ないと、いつまで経ってもスタミナが無くならない。
ストロークタイプほど球威はないのでボレーを狙うのもあり。スピードタイプが有効だ。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hoshihika.blog4.fc2.com/tb.php/1162-a05ef60a

«  | HOME |  »

 プロフィール

全手動洗濯機

Author:全手動洗濯機

チラシの裏です。ゲームしたり、卓球したり。


 カテゴリ


 ブログ内検索


 あくせすかうんた

2007年1月19日からカウント

 カレンダー&月別表示

| 2017年11月 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


 最近のコメント

データ取得中...

 リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。