FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卓球経験者から見るテニスの基本打法

卓球は英語で Table Tennis とも表現される通り、
基本的な部分はテニスとの共通点が多くあります。

なので、卓球経験者はテニスの修得が比較的容易と思われる一方、
細かな違いによる落とし穴もありますので、
ここではテニスの基本打法を卓球の打法と比較しながらまとめてみたいと思います。


【打法について】

■ ストローク
 厳密な定義はわからないけど、主にベースライン付近からワンバウンドした球を打ち込む技術。
 卓球でいうところの「フォア打ち」「バック打ち」にあたります。
 ここから、回転や狙うコースによって「トップスピン」だの「スライス」だのに細かく分類されます。

 全体的に、卓球に比べると相手の回転によって打ったボールの方向が変わることは無く、
 相手の回転に合わせて面を作るだの持ち上げるだのは必要ありません。

 その代わり、卓球よりボールが格段に重いので、強い球を打ち返すにはそれなりのパワーが要求されます。
 また、スイートスポットを外すと手から肘にかけてかなりの衝撃が来るので注意が必要です。


■ トップスピン
 上回転をかけたストローク。上回転により、途中からやや沈み込むような軌道を描きます。
 卓球でいうところの「ドライブ」にあたります。
 卓球は戦型によってはドライブを使わずに試合を組み立てる場合もありますが、
 テニスでは誰もが最もよく使う技術なのではないかと思います。
 卓球の食い込ませるドライブの感覚でやれば比較的容易に修得出来るでしょう。
 一方、擦るドライブの感覚でやると、滑ってまともに飛びません。

■ フラット
 無回転、あるいは回転の少ない直線的なストローク。
 真っ直ぐに飛ぶので着弾点との距離が近く、最もスピードのある球種となります。
 卓球で言うと・・・強いて言うなら「角度打ち」と呼ばれる技術が近いかなぁ。
 相手の回転に合わせて面を調整する必要がないので、その点は卓球よりラクかもしれません。

■ スライス
 下回転で打つストローク。スーッと伸びるような弾道を描き、バウンドが低くなります。
 球が遅いので相手の返球までの時間を稼ぎやすいのと、
 距離も出やすいので、十分な体制で打てないときに相手コートに届きやすい。
 またバウンドが低く弾まないのでラケットにボールを食い込ませにくく、返球がしづらいです。
 卓球で言うと・・・軌道的には「カット」にあたりますが、返球がネットするような強烈な回転はかからないので、
 感覚としては「ナックルカット」が近いですね。

■ ドロップ
 下回転を掛けてネット際に落とすショット。
 主に相手が後ろに下がってる場合に不意を突いて出す。
 ただ、ダブルスメインだと前衛に叩かれるのであまり出番なさそう。
 用法としては卓球で言うところの「ストップ」がそれにあたりますが、
 打ち方としては「ブツ切りカット」のイメージでスイングするとボールが滑ってドロップになります。

■ ボレー
 主にサービスライン(真ん中の横線)からネット際までのあたりから、相手の球をノーバウンドで打つ技術。
 卓球はノーバウンドで打ったら即失点ですから、当然これに類する技術は存在せず、
 卓球経験者にとってはやや感覚が難しいかもしれません。
 ただし、ネット際でのボレーに限れば卓球の「ブロック」の感覚が活きます。
 特にブロックの長短をコントロール出来る人であれば、ドロップボレーやアングルボレーも修得は容易でしょう。

■ サーブ
 言わずもがな、最初の1球目です。
 相手コートにノーバウンドで叩き込む点、サービスラインよりネット寄りに入れないといけない点において、
 卓球のサーブとは全く異なるものです。
 そもそも卓球経験者はラケットを上から振る感覚がほぼ無いはずなので、サーブは鬼門となるでしょう。 
 しゃがみ込みサーブの感覚がわかってると、回転系のサーブの修得が少し有利かもしれませんね。

■ ロブ
 ボールを上空に上げて返球する技術です。卓球ではロビングということの方が多いかもしれません。
 卓球では後方に下がって粘りつつカウンターを伺うために使ったりしますが、
 テニスの場合はキツイコースに打ち込まれた場合等で、ネット際の相手に決め球を打たせないよう、
 ロブを使って相手を後ろに下がらせる、あわよくば頭上を抜いて得点を狙うという用法が多いです。 

■ スマッシュ
 高く上がったチャンスボールに対して、上から振り抜いて相手コートに打ち込む技術です。
 卓球のような超スピードは出ないまでも、基本的には決定打として用いるボールです。
 が、サーブと同様に上からラケットを振る習慣のない卓球経験者には間違いなく鬼門!
 慣れるまでは、スマッシュをするより普通にストロークした方が強い球が打てたりします。
 そもそも、うまくミートできませんw


ひとまず、こんなところです。
これだけの技術を抑えておけば、一通りテニスの基本打法は知っていると言えるはず。

次回からは、「卓球経験者の優位性と注意点」「各打法のもう少し突っ込んだコツ」
についてまとめていこうと思います。

  

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hoshihika.blog4.fc2.com/tb.php/1172-d9d31288

 | HOME |  »

 プロフィール

全手動洗濯機

Author:全手動洗濯機

チラシの裏です。ゲームしたり、卓球したり。


 カテゴリ


 ブログ内検索


 あくせすかうんた

2007年1月19日からカウント

 カレンダー&月別表示

| 2018年08月 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


 最近のコメント

データ取得中...

 リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。