FC2ブログ

ああ

-------------------------------------------------

そろそろ世界観を本格的に学園戦争に近づけていこうと思います。
…と言ってもまぁ、ほとんどは前作のように戻るだけですけど。
それにあたり、設定の方もちゃんとやろうかなぁと思います。

とりあえず自分が考えている設定を公開するので、
もっと良いのがありましたらぜひぜひ教えてくださいな。


【あらすじ】
全国の各学校の生徒達が、『最高の学校』の称号を手に入れるべく、
敵対するライバル校に殴りこむという暴動を起こした。
弱い学校は、ためらいもせずに潰していく。
全国の学校を潰し、最後に残った学校が『最高の学校』なのだそうだ。
「暴力はイヤだ」なんて言い訳は利かない。
何もやらなければ、やられるだけ。こちらもやるしかないのだ。



実はこれ、ゲームを公開する直前に数分で考えたストーリーなのですが、
どういうわけか結構ウケてしまい、そのまま公式設定となりました。
ただ、今回は第二作目(正確にはEBは三作目ですが)というわけで、
これよりもう少し時間軸を進めた内容の方が良いんじゃないかと思うわけです。
とは言っても…なんかうまいのが考えつかないなぁ。
一見上のあらすじは適当に見えるけど…ってかかなり適当だけど、
なんかそれが何とも言えず良い感じに見えてしまう。

「……あれから数年の年月が流れた。学園戦争は、終わらない。」

といったフレーズを最後に付け足してみるか。
やっぱり、前作プログラム優勝校の神の庭を使うのが良いかなぁ。
うーん、微妙…良案求む。




【学園戦争における学校とその構成】
このゲームでの学校は、私たちが知っている学校とは少し違います。
学校を作るのは国や法人では無く、自分達です。
だから、一介の生徒だってその気になれば校長になれます。
教頭にだって、普通の先生にだって、講師にだってなれます。
しかし、先生と言っても学園戦争の真っ只中、のんきに国語や数学をやっている場合ではありません。
求められるのは、この激動の時代を乗り越えるだけの力と知恵とカリスマです。
だから、学力的に不十分な我々でも実力があれば先生になれるのです。


【戦闘】
それぞれの学校の生徒達は互いに憎しみ合っています。
路上での殴り合いなんて日常茶飯事です。
ただ、彼らにとってこれは半ばゲームのようなものです。
だから、ゲーム中(参戦中)の相手には戦闘を挑む事が出来ません。
互いにゲームの邪魔をしても面白くないからです。
なので、狙うのは休戦中の相手になります。


【戦争】
このゲームの目的は、ライバル校を全て潰すことです。
だから、路上で喧嘩しているだけでは話になりません。
敵対校に直接殴り込み、壊滅させるのです。
ただし、これには一つだけルールがあります。
戦争開始の最低24時間前には、予定時間を添えて宣戦布告をすること。
これが絶対条件です。

戦争が開始されると、今までのようなゲーム感覚の争いは終わり、
まさに生死を賭けた戦いとなります。
相手が休戦中だろうが臨戦態勢だろうが、お構いなく喧嘩を吹っ掛けます。
こうして相手側の生徒を保健室送りにしながら、相手校の職員室を目指します。
相手校生徒を全て保健室送りにすると、職員室へ殴り込むことが可能になります。
職員室には様々なコンピュータや物資が存在し、まさに学校の中枢を担う場所です。
しかし職員室は随分と頑丈に出来ており、そう簡単には落とせません。
また、各学校の職員室には強力無比な大型兵器「ビッグキャノン」が標準で搭載されており、
下手をすると一撃で保健室送りになってしまうことも少なくありません。
保健室送りにした生徒が戻ってくる前に、ここを陥落させれば勝利となります。



設定というか、世界観というか…うーむ。まぁいいか。


あと、今とても悩んでいるのが『プレイヤーと生徒』です。
例えば自分の場合だと、

プレイヤー名「星野ヒカル」
 生 徒 名「エルジンくん」

となっています。
でもこれ、実際どっちが生徒なのかよくわかりませんよね。
普段は「星野ヒカル」が生徒として扱われ、戦闘時のみ「エルジンくん」が生徒になります。
実際、他人と交流したり、校長先生になったりするのは全て星野ですし。
だから、どっちかと言うと

生徒名「星野ヒカル」
使い魔「エルジンくん」

の方が近いわけです。まぁ、使い魔というのは即席で考えた、あくまでも例ですけど。
この辺についても何か良い考え募集です。

毎度ながら、メモみたいに適当な文章だなぁうん。

Comment

[1195]

EBの意見なんですが~、学校なんで、いる居ないを、出席中、欠席中とかにわければ雰囲気がいっそう高まるんではないでしょうか!
あと、エピソードについてです。
学園戦争2ということで、ちょっとエピソードもがらりとかえてみてはいかがでしょうか。
たとえば、
『最強の学校』だれもがうらやむその称号、「神の庭」がその称号をてにした。
何年もの月日がたった。
各国から『最強の学校』と名乗る学校が押し寄せてきた。
今度は世界での『最強の学校』の名の奪いあいがはじまろうとしているのだ。
前のような戦いではない。生徒たちは自覚していた。
「暴力はイヤだ」とんでもない。
「戦わなければ生き残れない」
名前もしらない生徒たちの熱き戦い、再びその火花が切っておとされる。
ってのはどうでしょうか、そうですよね、駄文ですね。
まぁ、この文が参考になればうれしいです。

[1196]

自分もエピソードを考えてきました。

誰がきっかけだったのかはわからない。
それほど長く続いた学校同士の戦いの末、『最高の学校』の
称号を手にしたのは『神の庭』だった。
それから数年の年月が流れた。
盛者必衰の理。
今ではもう最高の学校と言われた神の庭は存在しない。
全国の学校が今度こそ、その称号を自分の手に収めようと力を蓄え始め
そして数ヵ月たったある日、再び戦いが始まった。
誰がきっかけだったのかは、わからない。
だがそんなことは、もうどうでもいい。
やらなきゃ、やられる、ただそれだけのことだ。
弱いものはやられ、強いものだけが生き残る。
戦いは今でも続いている。
そしていつしか、その戦いはこう呼ばれるようになった。
終わり無き戦い――『Endless  Battle』…と。

こんな文ですが何かの参考になってくれれば、幸いです。

[1197]

連続でのコメントすいません。
エピソードを考えてたら楽しくなってしまい、こんなものも考えてみました。

とある学校同士の戦争。
日が暮れた後もまだ戦いは続いていた。
そして0:00突如としてサイレンが学校中に鳴り響き
それを引き金に生徒は消え学校は無人の建物となった。
数日後。
ぼろぼろの状態で生徒たちが発見された。
次の日の0:00一つの村が姿をあらわした。
そして、その日を境にその村の周りでは0:00にサイレンが鳴るようになり
サイレンを聞いた者は突如として姿を消してしまった。
しかし、数日後には殆どのものが戻ってきた。
帰ってきた者の話を聞くとサイレンが聞こえ、気づくと村の中にいて
そこは赤い海で周りが囲まれており『屍人』という不死の人間のようなものがいた。
そこで一人の青年と出会いその青年が助けてくれたのだそうだ。
青年は、『宇理炎』と言う道具を使い不死のはずの『屍人』を一掃したという。
その噂を聞きつけた各学校が、0:00に鳴り響くサイレンの正体そして
謎の青年が持つ『宇理炎』という力を求め一つの村を探索し始めた。
その村の名は『羽生蛇村』という…。

羽生蛇村が学園戦争の世界に現れたらこんな感じかなぁ、と考えながら
書いてみました。
それでは、これで失礼します。

[1200] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hoshihika.blog4.fc2.com/tb.php/561-d53442fd

«  | HOME |  »

 プロフィール

全手動洗濯機

Author:全手動洗濯機

チラシの裏です。ゲームしたり、卓球したり。


 カテゴリ


 ブログ内検索


 あくせすかうんた

2007年1月19日からカウント

 カレンダー&月別表示

| 2020年02月 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


 最近のコメント

データ取得中...

 リンク