FC2ブログ

東方緋想天アリス攻略 私のデッキ紹介

これまでに自分が使った代表的なデッキを紹介します。
基本的には下に行くほど新しいです。


【初期型】
・振起×3
・帰巣×3
・千槍×3
・レギオン×4
・リターン×4
・蓬莱×3

1.02で使っていたかなり面白みのないデッキ。よく言えば万能。
一通りのスキカが揃っているので相手によって使い分けることが可能である。スペルも無難なものばかり。
ただし、スキカが多すぎてデッキ回りが悪いのが欠点。
この後、自身のプレイスタイルの変化によりスキカはどんどん減っていくことになる。


【中期型】
・振起×4
・千槍×2
・レギオン×4
・上海×4
・リターン×4
・蓬莱×2

帰巣を抜き、千槍と蓬莱の数も減らして、新たに上海人形を入れたデッキ。
上海のおかげで牽制で取れるリターンが向上し、固めも強力に。
ただし蓬莱が2枚しか入っていないため、一発逆転したいときに限って引けなかったりする。



【後期型】
・振起×4
・レギオン×3
・上海×4
・リターン×4
・蓬莱×3
・文楽×2

置操がかなり強いことに気付いたので千槍を抜いてスキカを振起だけに絞り、スペルが多め。
振起は基本的にLv2まで上げたらそこで止める。
上海、リターンに加えて文楽も入れたので、固めからの割り能力が高い。
ただしスキカは振起のみで帰巣も千槍もないため、一部キャラが結構厳しくなる。


【スペル特化型】
・気質発現×2
・アーティ×3
・レギオン×2
・上海×4
・リターン×4
・蓬莱×3
・トリップ×2

振起はLv0でもそれなりに強く、Lv2に上げるにはチャンスを2回潰さないといけないため、、完全に抜いてスペカに特化。
アーティフルに関しては正直今まで強さを知らなかっただけである。めっちゃ強い。
気質発現を入れたことにより、天候によるイレギュラーもかなり抑えられる。
トリップワイヤーは相手の攻め抑制。見てから抜けるのは無理でも、見てからトリップなら何とかなる技が多い。
スキカを一切積まないので、デフォルトスキルでしっかり戦えるようにしておく必要がある。


【振起+スペル型】
・気質×2
・振起×3
・アーティ×3
・レギオン×2
・上海×3
・リターン×4
・蓬莱×3

やっぱりトリップ(゚⊿゚)イラネ
ってことで、振起を入れた構成。さりげなく上海も一枚減ってる。
デフォルトスキルのみという点は変わらないので、スキルカードを引けないor宣言できないまま終わりという心配がない。
Lv2振起は使えるし、割りスペルは豊富だし、天候操作も容易だし、概ね万能。
ただし接近戦を補うカードが一切ないので中距離の維持がとにかく重要なポイントになる。


【振起+スペル型その2】
・気質×2
・振起×4
・アーティ×2
・レギオン×4
・上海×2
・リターン×3
・蓬莱×3

前回のデッキは相手を捕まえたときは無類の強さを発揮するものの、ターンを取れなければ全く真価が発揮出来なかった。
さらに立ち回り強化のカードも無いため、咲夜や妖夢などの安定した立ち回りが難しい相手が天敵だった。
そこで、攻撃スペルを削ってレギオンを4枚積みしたのがこのデッキ。
ヤバイ!と思ったときにはレギオンを撒けば、多くの場合相手は退かざるを得ない。
一度捕まれば後が無いアリスにとって、攻めを凌げるというのは非常に大きい。
もちろん、追い詰めた相手を捕らえる手段として、天候操作として、その他色々とレギオンは便利なスペルである。
また、レギオンをどんどん使うことでデッキの回転率が向上し、結果として引きやすくなっている。


【スペル&天候操作型】
・気質×4
・アーティ×3
・レギオン×4
・上海×3
・リターン×3
・蓬莱×3

振起は基本的にLv2で使うことになるが、2枚宣言するために4枚積むのはちょっともったいないのでは?
ということで、振起を抜いて気質とアーティ、上海を増量したデッキ。
気質が4枚入っているだけでなく、アーティやレギオンと言った天候操作スペカも充実してるため、
不利な天候は確実に流し、有利な天候を積極的に呼び込むことが可能。
特に川霧を呼び込めば多くの相手に対して有利だし、疎雨を呼べば一時的とは言え人形を4体設置出来る。
さらにアーティ、上海が多めなので霊力割り連携も強力なのが特徴である。
キャラ対策を立ち回りや技でなく、天候という視点からアプローチした新しいタイプのデッキ。

 
【害悪千槍デッキ】
・気質×3
・千槍×3
・レギオン×3
・上海×3
・リターン×3
・蓬莱×3
・シードル×2

これまでとの違いは、千槍とシードルが入っている点。
基本的にこれまでのデッキは共通して固めに入ったら一気に殺すという感じであったが、逆に言えば固められないとダメージが取れなかった。
しかし千槍を入れたことで、相手の接近行動に対して直接リターンを取れるようになった。
ただ、実際には千槍を引けないまま対戦が終わってしまうことも多々あったため、回転率向上のためにシードルも入れた。
逆にアーティは抜いた。出番が決して多くなく、使っても1コストしか消費しないため、手札詰まりの原因になる。
気質、レギオン、アーティを削ったことで天候操作がやや弱くなっているが、千槍があれば花曇は問題にならない。
台風にだけ気を付けていればよい。


【固め重視デッキ】
・気質×3
・振起×4
・アーティ×2
・上海×3
・リターン×2
・レギオン3
・文楽×3

Lv2振起の価値を見直し、4枚積み。固め強化のため、千槍は除去。
また、自分のデッキでは初めての蓬莱0枚。
蓬莱は確かに強力なスペルではあるが、ガードの固い相手には効果が薄いという欠点がある。
そこで文楽を導入。弱体化したとは言え、画面端で3.5以上は確定で削る。そのまま文楽起き攻めでうまくいけば2個割りも可能。
中央での文楽固めは色々と慣れが必要な感じがするので、今後の研究次第と言った感じ。


【守り重視デッキ】
・気質×3
・霊撃×3
・アーティ×2
・上海×3
・リターン×2
・レギオン×3
・文楽×2
・トリップ×2

振起を抜き、文楽を減らして守りを重視したデッキ。
Lv2振起は確かに強いが、相手が人形破壊をしてくると3体設置するのが難しい点、
立ち回りは多少強くなるが、一旦捕まってしまえば全く効果がないという点がネックだった。
そこで霊撃、トリップを入れることで捕まっても抜けられるようにしようと。
霊撃は暗転がないため読んでないとガード出来ない。また、残りドットの勝負ならCHからトドメを刺せることも。
トリップは発生が遅いので小技への割り込みには適さないが、発生が遅い技への反撃、あるいはそのプレッシャーによる抑制が出来る。
アリスが苦手とするガード反撃も潰せるのは大きい。また、人形に出る判定を使って強化振起として利用する方法も。摩耗もあったりする。


【攻守両立型デッキ】
・気質×3
・霊撃×4
・上海×3
・アーティ×3
・リターン×3
・文楽×2
・蓬莱×2

トリップが意外と使えると思ったが撤回。やっぱダメだこいつ。
あとレギオンも抜いた。空間制圧や守りの強化に入れてたけど、結界可能だったり真ん中入られると拘束力0だったりで実際のところ微妙。
天候操作にしても、アーティがあれば十分ですしね。ってわけでアーティを一枚増量。
で、さらに蓬莱を2枚入れた。レギオンでまどろっこしいことするより、蓬莱でさっさと殺した方が手っ取り早い。
リターンや蓬莱と言った大ダメージスペル、文楽や上海と言った固めスペルが揃っており、
霊撃も4枚入ってるので、大体は手元にあることが多い。攻めて良し、守って良しなデッキ。どっちかと言えば攻撃寄りか

【攻守両立型デッキその2】
・気質×3
・霊撃×3
・上海×3
・アーティ×3
・リターン×3
・ドールズウォー×2
・文楽×2
・蓬莱×1

多分これが緋想天での決定版的なデッキになると思う。
霊撃と蓬莱という攻守の要を1枚ずつ抜き去り、代わりにドールズウォーを入れた。
守りにおいてはレギオンと違って中央に穴がなく、暗転から射出まで無敵があるため確実に相手を追い返せる。
さらに効果範囲も広いことから、そのまま攻めに転じることも可能。固めに組み込んでも強い。
コンボダメージは安く思えるが、体力削り値が高いので実質的にはかなりのダメージを見込める。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hoshihika.blog4.fc2.com/tb.php/968-3396d361

«  | HOME |  »

 プロフィール

全手動洗濯機

Author:全手動洗濯機

チラシの裏です。ゲームしたり、卓球したり。


 カテゴリ


 ブログ内検索


 あくせすかうんた

2007年1月19日からカウント

 カレンダー&月別表示

| 2019年11月 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


 最近のコメント

データ取得中...

 リンク